エポスカードの新規コラボレーションカード 「させぼ五番街エポスカード」の発行をスタートします

PR TIMES / 2014年10月23日 18時43分

佐世保市最大の商業施設「させぼ五番街」の運営を手がける有限会社中村商事(長崎県佐世保市、代表取締役社長:中村 國昭)と丸井グループのクレジットカード事業会社である株式会社エポスカード(東京都中野区、取締役社長:瀧元 俊和)は、11月下旬から、新しいコラボレーションカード「させぼ五番街エポスカード」の発行をスタートいたします。



エポスカードでは、2008年からコラボレーションカードの発行を開始し、現在、11社との協業をおこなっています。商業施設さまとの取組みにつきましては、すでに、マルイ店舗でおこなっている「店頭即時発行」のためのカードセンターの設置やスタッフの常駐により、各施設でのお申し込み当日から、すべての機能・特典がご利用可能となります。そのため、お客さまの利便性はもちろんのこと、各施設売上にも貢献できるカードとして、お取引先さまからの高い評価をいただいております。

そして、このたび長崎県佐世保市内の大型商業施設を運営する、有限会社中村商事との協業をすすめることとなりました。

「させぼ五番街」は市内の中心地に位置し、エリア初出店のテナント、地元の人気店、佐世保にゆかりある店を揃える、新しい佐世保の「モノ・コト・シーン」を創造する商業施設です。

7月よりエポスカードとのコラボレーションカードをスタートした大型レジャー施設「ハウステンボス」も近くに位置し、今後の相乗効果も期待されます。「させぼ五番街エポスカード」と、すでにスタートしている「ハウステンボスエポスカード」の取組みにより、双方の施設のサービスと利便性がさらに向上し、佐世保地区はもとより、九州地区のお客さまのライフスタイルの充実と満足度向上に貢献できるものと考えております。お客さま本位の理念を共有し、提携メリットを相互に発揮できるパートナー企業として、シナジー効果の高い相互送客を推進してまいります。

■ 商業施設さまとの「コラボレーションカード」の取組みについて

「1顧客1枚発行」を基本戦略に、エポスカードが提案する新しい提携カードが「コラボレーションカード」です。提携先の企業は自社顧客に向けてエポスカードを募集し、各企業で募集したエポスカード全会員に向け、すべての提携先のPRポイントと優待メニューを告知し相互に送客。カード会員さまは1枚ですべての提携先の優待が受けられます。今後も提携先を増やし、さらに特典が拡大する予定です。

「させぼ五番街」の取組みに先がけ、関東地区では、14年8月下旬から、丸井グループの「エイムクリエイツ」が施設運営を受託する商業施設「MONA新浦安」(千葉県浦安市)にて「MONAエポスカード」の取組みをスタート。およそ2か月間に、すでに約1,000件の新規ご入会をいただいております。今後も、提携先のお取引先さまを拡大することで、さらに各施設さまの売上アップに貢献できるカードとしての取組みをすすめてまいります。

■ 「させぼ五番街エポスカード」の概要

1.カード発行主体   : エポスカード
2.名称・デザイン   : させぼ五番街エポスカード・オリジナルデザイン2種類
3.年会費       : 永年無料
4.提携ブランド    : Visa
5.ポイントプログラム : カードご利用に応じて貯まる「エポスポイント」
   (マルイ店舗・マルイ通販でのご利用で、1ポイント1円相当)
6. ご利用特典     : 毎月25日を「させぼ五番街の日」として、カードご利用で5%割引
7.ご優待サービス   :(1)丸井のショッピングご優待
                  ・年4回 会員限定10%OFFセール など
(2)ポイントご優待 (ノジマ・オンリー・アパホテル・ シダックス・モンテローザ・ケユカ・HP Directplus)
                  ・ご購入200円ごとにエポスポイント 1~2Pプレゼント
               (3)ご優待施設
・カラオケ、飲食店、テーマパーク、スパ等 約5,000店・施設
■ 本件のお問合わせ窓口

株式会社丸井グループ   総務部広報室          TEL:03-3384-0101(代表)

※本リリースは、株式会社エポスカードと有限会社中村商事による共同リリースです。
両社より重複して配信される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング