幻のドラマ「同棲時代」(沢田研二・梶芽衣子主演) 40年ぶりにCS放送・TBSチャンネル2で5月に放送!

PR TIMES / 2013年4月25日 14時16分

テープ発見!1973年から40年の時を経て5月に奇跡の放送実現へ!

 1973年に地上波で放送されて以降、再放送はおろかソフト化もされず “幻の作品”と呼ばれていたTBSのドラマ「同棲時代」の放送が、5月にTBSが運営するCS放送「TBSチャンネル2」で実現する事になりました。
 ドラマ「同棲時代」は沢田研二(当時24歳)と梶芽衣子(当時26歳)が主演。TBSにマスターテープが存在せず、1973年の放送以来ながらく「二度と見られない作品」と考えられていました。ところが最近になって関係者がビデオテープを保管していたことが分かり、40年の時を経て「TBSチャンネル2」での放送が決まったものです。



 本作品は若い世代から絶大な支持を受けていた上村一夫の劇画を、当時新進気鋭の山田太一脚本でドラマ化したもの。沢田研二にとっては初のテレビドラマ主演で、ザ・タイガースでの活動を終え、ソロシンガーとして「危険なふたり」が大ヒットする直前の時期。そして、梶芽衣子にとっては映画「女囚さそり」シリーズなどでのイメージとは180度異なるOL役を演じることが注目された作品です。

 そんな沢田と梶が主演するこの作品は、若い男女の同棲生活を通して、1970年代当時の若者のストレートな愛を描いた青春ドラマ。冷たいすきま風が入り込む6畳一間のアパートに2人で暮らす同棲生活。壊れそうで壊れない2人の愛情。画面からは、どこか儚げで澄んだ美しさが醸し出され、見る者に爽やかな印象を残す作品となっています。


☆奇跡の放送の舞台裏も番組化!

 また「TBSチャンネル2」では、「同棲時代」の幻のテープの奇跡的な発見から放送にいたる経緯や、作品の魅力、時代背景などを、梶芽衣子、山田太一両氏ら関係者へのインタビューをまじえてまとめた番組「幻のドラマ『同棲時代』発見秘話」も放送します。

《放送予定》

「同棲時代(沢田研二・梶芽衣子主演)」

5/25(土)午後6:30~午後8:00

5/26(日)午後10:00~午後11:30


「幻のドラマ『同棲時代』発見秘話」

5/16(木)午後10:30~午後11:00

5/17(金)午後10:30~午後11:00

5/25(土)午後6:00~午後6:30 ほか


*ともにCS放送「TBSチャンネル2」での放送です。

  「TBSチャンネル2」はスカパー! 、スカパー! プレミアムサービス、

   および一部のケーブルテレビ局でご覧になれます。


《 「同棲時代(沢田研二・梶芽衣子主演)」作品情報 》

制作 TBS
地上波放送 1973/02/18
出演 梶芽衣子、沢田研二、萩原健一(友情出演)、仲谷昇、初井言榮、逸見慶子、寄山弘、
   研ナオコ、湯原昌幸、市地洋子、山本コウタロー ほか
原作 上村一夫「同棲時代」
脚本 山田太一
プロデューサー 宮武昭夫
監督・ディレクター 竜至政美

ストーリー:
旅行代理店に勤めるOL・今日子(梶芽衣子)は、ふとしたことから売れないイラストレーターの次郎(沢田研二)と言葉を交わす。都会の片隅に生きる若い2人は、お互いの孤独な気持ちを癒すかのように結ばれていく。ほどなく2人はひとつ屋根の下で同棲生活を始めるが、それは必ずしも幸せな時ばかりではなかった…。

カラー作品 (本リリースの白黒写真は地上波放送当時の番組宣伝写真です)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング