パソナテックの「仲人型」クラウドソーシング「Job-Hub」 公民連携アプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」を開催

PR TIMES / 2014年8月20日 13時8分



株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一、www.pasonatech.co.jp)が運営する「仲人型」クラウドソーシングサービス「Job-Hub」(ジョブハブ、jobhub.jp)は、公民連携のアプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」(ヨコハマ アップス)を8月20日(水)より開始いたします。

全国初の公民連携アプリコンテストとして昨年初めて開催した「YOKOHAMA Ups!」は、関連するイベントやセミナー等を含めると延べ8,000名を超える方が参画いたしました。多くの市民の方から意見が寄せられたほか、地元企業の取り組みを紹介するなど、横浜市の魅力を対外的に発信し、地域市民や企業が交流を深めるイベントとなりました。また、アプリコンテストは、先進的・模範的な共創事例を表彰する「日本のコ・クリエーションアワード2013( http://cotas.jp/2013/10/3040/ )」にもノミネートされました。

本年度は、横浜市が積極的に推進する「オープンデータ※」を活用したサービス・アプリケーションも募集対象に、広くアイディアを募ります。また、デジタルハリウッド大学大学院及び株式会社tvkコミュニケーションズとともに運営いたします。※オープンデータとは、行政が保有する公共データを二次利用できる形で開放し、それらのデータを民間企業や団体が編集・加工することで、街作りやビジネスに活かしていく取り組み。


第1回最優秀作品「よこはまガイド絵本」
https://itunes.apple.com/jp/app/yokohamagaido-hui-ben/id796661761?mt=8

横浜を舞台にした子ども向けの読み聞かせ絵本のアプリ。
横浜の複数の観光スポットを紹介し、お友達探しやゲーム等をするなかで、
異国情緒たっぷりの港町横浜を楽しむことができます。


■「YOKOHAMA Ups!」概要
目  的: 日常をちょっと便利で楽しくしたいという想いを持つ、横浜市の未来を担う「若者」、より深い社会参加が望まれる「女性」、豊かな知識・経験を持つ「高齢者」、そして専門領域の強みを持った「民間企業」が、アイディアとスキルを持ち寄ってアプリとして具現化させるという動きを通じて、市民生活の向上につなげる。
開催期間: 平成26年8月1日(金)~平成26年3月中旬(予定)
募集内容: 「横浜」をテーマとしたアプリの企画、または企画開発
応募資格: ・本コンテストの募集要項に同意いただける方
      ・プロ・アマチュア、個人・法人を問わず参加可能。グループの参加も可能。
U R L:  http://jobhub.jp/camp/yokohama-ups
主  催: 株式会社パソナテック、デジタルハリウッド大学大学院、株式会社tvkコミュニケーションズ
共  催: 横浜市
お問合せ: yokohama-ups@jobhub.jp

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング