「箱根につづく時間(とき)を 優雅に走るロマンスカー」特急ロマンスカー・GSE(70000形)誕生

PR TIMES / 2017年12月6日 10時1分

2018年3月中旬 デビュー

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)では、新型特急ロマンスカー70000形を製造してまいりましたが、このほど車体が完成し、愛称を「GSE」に決定しました。これは、開発コンセプトである「箱根につづく時間(とき)を 優雅に走るロマンスカー」をもとに、優雅さをあらわす「Graceful」を用い、『Graceful Super Express』を略しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12974/315/resize/d12974-315-125559-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/12974/315/resize/d12974-315-170604-1.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/12974/315/resize/d12974-315-788253-2.jpg ]

 カラーリングは、車体を「薔薇」の色を基調とした「ローズバーミリオン」、屋根部を深い赤色の「ルージュボルドー」とし、側面にはロマンスカーの伝統カラーである「バーミリオンオレンジ」の帯をあしらっています。
今後は、各種の試験、乗務員の習熟訓練などを経て、複々線を使用した新ダイヤと同じく、2018年3月中旬に一編成目が就役し、箱根観光列車を中心に営業運転を開始します。

 車両の特徴として、展望席は大型の一枚ガラスを採用し、ガラスの取り付け角度と座席の位置、ガラスの両側にある支柱の位置と形状を工夫することにより、前方の眺望を格段に向上させています。また、先頭車両は荷棚を無くすことで空間を創出し車内全体をより開放的にしています。さらに、車両側面窓はVSEやMSEよりも30cm高い100cmとしたうえで、窓の繋ぎ目を極力少なくした連続窓とすることにより、流れ行く沿線の四季折々の風景を存分にお楽しみいただけるようにしています。

 そのほか、左右の振動を抑制する装置の導入によって揺れを抑制し、授乳時や体調不良時などにご利用いただける多目的室、大型荷物が収納できるスペース、座席下部に荷物を収納できるスペースなど快適な車内空間を実現します。
さらに、車内無料Wi-Fiシステムによるインターネットへの接続環境の整備に加え、展望ライブ映像やGSEメイキングビデオなどがお楽しみいただける多言語に対応したGSE専用のコンテンツを配信します。

特急ロマンスカー・GSE(70000形)の詳細は、下記のとおりです。



1 車両形式
70000形

2 愛称
GSE <Graceful Super Express>
Graceful(グレイスフル) の意味・・・「優雅な」

3 運行(予定)
土休日 新宿~箱根湯本 3~4往復
※ モーニングウェイ号、ホームウェイ号でも運行
平日  新宿~箱根湯本 2~3往復
※ モーニングウェイ号、ホームウェイ号でも運行
【詳細については、小田急電鉄ホームページ( http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8724_3273227_.pdf)をご覧ください】

4 開発コンセプト
箱根につづく時間(とき)を 優雅に走るロマンスカー

5 編成
7両固定編成(ボギー車・編成長約142m)

6 編成定員
400名(全席指定)

7 製造両数
2編成14両

8 営業運転開始
2018年3月中旬
※ 1編成は、2018年度以降の運転開始予定

9 車両製造会社
日本車輌製造株式会社

10 デザイン設計
岡部憲明アーキテクチャーネットワーク(代表:岡部憲明氏)
<岡部憲明氏の参加プロジェクト例>
ポンピドゥーセンター(フランス・パリ)、関西国際空港旅客ターミナル(大阪府)、牛深ハイヤ大橋(熊本県)、在東京ベルギー大使館(東京都)、小田急 箱根ハイランドホテル(神奈川県)、ロマンスカー・VSE(50000形)、MSE(60000形)、EXEα(30000形リニューアル)、箱根登山電車(アレグラ号)、大山ケーブルカー など

11 主な特徴
(1)快適性・利便性の向上
1. 展望車両(最前・後部車両)
「ロマンスカー」の象徴である展望席16席を両先頭車に設置します。
また、座席上の荷棚をなくすことで、展望車両としてダイナミックな眺望と開放的な空間を創出しています。
2. 車両側面の窓の高さを拡大
車両側面の窓の高さを、VSEやMSEよりも30cm高い100cmとして、流れ行く沿線の四季折々の風景を存分にお楽しみいただけます。
3. フルアクティブサスペンション
左右方向の車両振動を低減する「電動油圧式フルアクティブサスペンション」を搭載することで乗り心地を向上させています。
在来線量産車両としては、国内で初めて編成の全車両に搭載しています。
4. 荷物収納スペース
4号車を除く各車両の出入り口デッキ部付近にラゲージスペースを設置しています。
また、全車両の座席の下には、国内線機内持ち込みサイズ※1の荷物が収納できるスペースを用意しています。
※1 55cm×40cm×25cm以内
5. 車内無料Wi-Fiシステム
インターネット接続環境の提供と、展望ライブ映像などがお楽しみいただけるコンテンツを配信しています。
6. トイレ
電動車椅子でもご利用いただけるゆったりトイレを設置しています。
トイレは全て洋式で、全て温水洗浄機能付き便座「ウォシュレット」※2としています。
※2 「ウォシュレット」は、TOTO株式会社の登録商標です
7. コンセント
各座席の肘掛部にコンセントを設置しています。

(2)安全・安心のさらなる追求
1. 防犯カメラ
出入り口デッキ部と客室内に設置し、乗務員室でリアルタイムに客室内の映像を確認することができます。
2. バリアフリーに配慮したデザイン
案内用の点字の設置や改良型ハンドル形電動車いすの乗車対応(対応トイレ、乗車スペースの設置)など、ユニバーサルデザインに配慮した車内としています。
また、4号車の身体障害者対応座席は着脱式とし、座席を取り外した場合には3台の車いすでご乗車いただけます。
3. 多目的室
授乳時や体調が思わしくない方の休憩等、多目的に利用可能なスペースを設けています。
4. 異常挙動検知装置
車両の異常な動きを検知した場合に自動的に緊急停止させることで、被害の拡大を防止しています。
5. 編成滑走制御
雨天時など車両が滑走した場合に、滑走を低減させながら、編成全体で可能な限り制動力を維持する制御を行い、制動距離の短縮を図る機能を搭載しています。

(3)環境性能の向上
1. 省エネルギー化
SiC素子を用いたVVVFインバータ制御装置の搭載、LED照明の採用など、省エネルギー化を進めていきます。
2. 低騒音化
全密閉式主電動機のほか、コンプレッサーや空調装置、駆動装置等は低騒音タイプを搭載しています。

12 そのほか
特急ロマンスカー・GSE(70000形)の詳細は、以下の特設ホームページでもご紹介しています。
URL :  http://www.odakyu.jp/gse/

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング