4月24日は世界髄膜炎デー。10代に罹患の可能性が高い侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD) ワクチンで予防できる「知らない」79.4%

PR TIMES / 2014年4月24日 11時39分

~侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD)に関するリサーチ~



月600万人が利用する日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株式会社 QLife(キューライフ/本社:東京都千代田区、代表取締役:山内善行)は、「小学5、6年生の子どもを持つ母親」「海外渡航経験者」「大学・専門学校1年生」を対象に、侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD)に関する調査を行った。

侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD)の発症数が多いのは、乳幼児と10代とされており※1、近年国内での集団発生も確認されたことから、新たな脅威として警戒が必要な感染症だ。

IMDは、以下のような特徴が見られる。
■初期症状は発熱、頭痛、嘔吐など風邪の症状に似ており、早期の診断が難しい
■罹患すると症状が急速に進み、24~48時間以内に患者の5~10%が死亡する※2
■回復した場合でも、11~19%の割合で難聴、神経障害、四肢切断などの生涯続く後遺症が残る※3。
■人から人への飛沫感染で広がり、寮等での集団生活や、人が多く集まる環境、団体行動する場合等では特に注意が必要

世界全体では毎年30万人の患者が発生。特に、髄膜炎ベルトとよばれるアフリカ中央部において発生が多く、毎年3万人の死亡例が出ている※4。しかし、米国では2005~2011年に年間800~1200名の髄膜炎菌髄膜炎が報告されるなど、近年は先進国でも散発的な感染が確認されており※5、地域特有の病気としてではなく、どこの国においても対策が必要な疾患として、理解を深める必要がある。日本国内では、2011年5月、全寮制の高等学校で集団感染が発生。5名が発症し、うち1名が死亡、保菌者は4名に上った※6。髄膜炎菌への感染やその結果としてのIMDの発症メカニズムは未だ明らかになっていないが、予防にはワクチンが有効であることがわかっている。現在のところ、国内で承認されたワクチンはないが、海外では既に米国やカナダをはじめとする多くの国でIMD予防ワクチンが使用されており、国内でもワクチンの導入が期待されている。

そこで、QLifeでは、IMDの感染リスクが高い「小学5、6年生の子どもを持つ母親」「大学・専門学校1年生」「海外渡航経験者」を対象に、IMDに関する意識調査を行った。調査結果の詳細は、医療情報サイトQLifeで掲載するほか、以下からもダウンロード可能。

【母親】  http://www.qlife.co.jp/news/140424_1qlife_research.pdf
【学生】  http://www.qlife.co.jp/news/140424_2qlife_research.pdf
【渡航者】 http://www.qlife.co.jp/news/140424_3qlife_research.pdf
◆調査結果紹介記事 http://www.qlife.jp/square/feature/q_research/story40885.html

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング