列伝100巻までのカウントダウン!過去列伝出演アーティストも出演するスペシャルバージョン! スペースシャワー列伝 ~第九十九巻 稀代(きたい)の宴~開催!

PR TIMES / 2014年7月26日 10時24分

asobius、FOLKS、HAPPY、ボールズ(ex.ミラーマン)、外食(飯田瑞規・辻友貴 from cinema staff)、川谷絵音(indigo la End / ゲスの極み乙女。)



 株式会社スペースシャワーネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水英明)が運営する日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVは、ライブイベント「スペースシャワー列伝 ~第九十九巻 稀代(きたい)の宴~」を、7月23日(水)にShibuya WWWにて開催いたしました。

 100巻へ向けてのカウントダウンラストとして、6・7月の2か月連続で開催したスペースシャワー列伝。過去列伝出演アーティスト参戦のスペシャルバージョンの今回は、asobius、FOLKS、HAPPY、ボールズ(ex.ミラーマン)など注目のニューカマーに加え、過去の列伝出演アーティストから外食(飯田瑞規・辻友貴 from cinema staff)、川谷絵音(indigo la End / ゲスの極み乙女。)の2組が参戦。100巻へ向け、さらなる盛り上がりを見せたイベントは熱を帯びたまま幕を閉じました。詳しくは下記、ライブレポートをご覧ください。

▼オフィシャルライブレポート
 記念すべき第百巻を目前にしたスペースシャワー列伝~第九十九巻 稀代(きたい)の宴~がShibuya WWWにて開催された。今回の出演は、asobius、FOLKS、HAPPY、ボールズの4バンドと、アコースティック・セットによる川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女)、外食(cinema staff/飯田瑞規・辻友貴)の全6組。出身地も、音楽性もちがうけれども、それぞれに独自性の高い音楽世界を持ったニューカマーであり、ライブ・ハウス・シーンで話題となっているバンドたちだ。

 宴の幕を開けたのは、3月に1stアルバム『pray&grow』をリリースした5人組、asobius。北欧バンドの凛とした透明感やファンタジー性と、ソウルフルなグルーヴをあわせ持った彼らが1曲目に選んだのは、ハンドクラップ高鳴るライブ定番曲“starlight”。フロントマン・甲斐一斗(Vo)が指揮者のタクトを振るいながら歌うのがasobiusならではのステージだが、今回もバンドを鼓舞し、オーディエンスをリードするようにタクトを振るい、盛り上げていく。「今日は女の子が多いけど、次の曲はいい子ちゃんリミッターを取っ払って最高の一日にしよう」(甲斐)というMCに続いてプレイされたのはスケール感溢れる“world tree”。曲中に、みんなで歌おう!と会場を一体化していくと、次なる新曲でオーディエンスを光の洪水のようなきらびやかなサウンドで包む。カタルシスたっぷりのステージだった。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング