【宇奈月 杉乃井ホテル】『黒部・宇奈月温泉 やまのは』に名称変更

PR TIMES / 2018年9月11日 12時1分

~19年春リニューアルオープン~

オリックス不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:高橋 豊典)は、このたび、運営する温泉旅館「宇奈月 杉乃井ホテル」(所在地:富山県黒部市、総支配人:安達 信三)について、旅館屋号を『黒部・宇奈月温泉 やまのは』に変更し、本日より、公式ウェブサイト( https://www.unazuki-suginoi.jp/)を公開しますのでお知らせします。なお、2019年春にリニューアルオープンを予定しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23075/317/resize/d23075-317-838158-42.jpg ]

 当旅館は、2017年12月より営業を休止し、リニューアル工事を行っています。今回のリニューアル工事では、本館の耐震化、客室の増設、貸切風呂やリラクゼーションルームの新設、そして、富山の海と黒部の豊かな自然の恵みを生かしたバイキングレストランのメニューを一新することにより、お客さまがより安心してお寛ぎいただける旅館へと刷新します。
 同時に、旅館名称を『黒部・宇奈月温泉 やまのは』へとリブランドします。新屋号は、黒部・宇奈月温泉郷の一等地に位置し、黒部渓谷の大自然や美しい山の稜線を望むことのできる当館の魅力と、四季で色づく「山の葉」を楽しめる旅館でありたいという思いをイメージし表現しました。
『黒部・宇奈月温泉 やまのは』は、地域に根差した経営を通して、黒部・宇奈月温泉郷の魅力を発信し、国内外から選ばれる旅館を目指してまいります。

1. 新施設名称
[画像2: https://prtimes.jp/i/23075/317/resize/d23075-317-788771-46.jpg ]

(1)施設名称
『黒部・宇奈月温泉 やまのは』は、枕草子の“秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに”の一節に表現される山の稜線をとても近くに感じられるロケーションに位置します。黒部渓谷の大自然や美しい山の稜線を望むことの出来る魅力と、四季で色づく「山の葉」を楽しめる旅館でありたいという思いをイメージし表現しまた。
(2)ロゴマーク
黒部の連山、湧き出る泉、集まる人々をイメージし、シンボル化しました。

2. リニューアル内容 
(1)客室および本館共用スペースの改修
 客室は黒部の大自然を意識した明るくナチュラルな色調で統一し、くつろぎに満ちた空間を演出します。機能面での充実も図り、和洋室で幅広い年齢層のお客さまに対応します。
 本館共用スペースはデザインに宇奈月の山野草をモチーフに取り入れ、より一層、北陸の魅力を感じていただける施設を目指します。
[画像3: https://prtimes.jp/i/23075/317/resize/d23075-317-477564-43.jpg ]

(2)貸切風呂、リラクゼーションルームの新設
本館1階に、テーマの異なる貸切風呂3室とリラクゼーションルームを新設します。貸切風呂のトイレ・脱衣室は車椅子での利用が可能です。プライベートな空間でご家族やご夫婦で水いらずのひとときをお過ごしいただけます。リラクゼーションルームでは、リラクゼーションマッサージの施術を受けながらお寛ぎいただけます(有料)。
[画像4: https://prtimes.jp/i/23075/317/resize/d23075-317-770895-39.jpg ]

3. コンセプト
「黒部の大自然を背にした 雄大で、にぎわいのある温泉旅館。」をコンセプトに掲げ、“山あいの温泉旅館”のイメージを、『黒部・宇奈月温泉 やまのは」は変えていきます。
宇奈月を象徴するトロッコ電車と赤い「新山彦橋」や黒部峡谷の美しい稜線を望み、自然の移ろいを感じる開放的なロビーラウンジ。圧倒的なスケールが、心身をゆったりほぐしてくれる二つの大浴場。富山の海と、黒部の山々の豊かな自然の恵みを生かし、四季折々の「うんまいもん」を豊富にそろえたバイキング。充実した施設やお食事に加えて、黒部を愛するスタッフがおもてなしする肩肘張らない安心感が、期待以上の満足をお届けします。

4.施設概要
[画像5: https://prtimes.jp/i/23075/317/resize/d23075-317-961293-38.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/23075/317/resize/d23075-317-114335-23.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング