2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」を目指すスマートエコプロジェクト第七弾(ニュースレター)

PR TIMES / 2013年7月31日 13時34分

竜ヶ崎工場を次世代環境配慮型工場 「D`s SMART FACTORY(ディーズ スマート ファクトリー)」に建替えます

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2013年8月1日、当社戸建住宅・賃貸住宅の生産工場である竜ヶ崎工場(茨城県龍ケ崎市)の一部(第2工区)を、次世代環境配慮型工場「D’s SMART FACTORY(ディーズ スマート ファクトリー)」に建替え、2014年3月に操業を開始します。今後は竜ヶ崎工場内の他工区の建替えも順次進めていく予定です。




 当社では、「地球に優しく、人に優しい生産活動」をスローガンに、全国10工場で工業化住宅および建築用鉄骨部材、システム建築部材の生産を行っています。
竜ヶ崎工場は、首都圏の工業化住宅量産工場として、1968年11月に操業を開始しました。現在、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、茨城県)向けの戸建住宅・賃貸住宅用部材の生産、出荷を行っています。
 今回、当社では東日本大震災を受け、全国10工場の防災性の検証を行いました。その中で、竜ヶ崎工場については、建設から半世紀経過したことを考慮し、今後発生しうる大規模地震等の自然災害に備えて、防災性を高めるため、また将来を見据えた生産体制の強化を図るために操業しながら順次、建替えることを決定しました。工場建替えは2013年2月の奈良工場に次いで2ヶ所目となります。
建替えにあたっては、当社が開発・提案を進める次世代環境配慮型工場「D’s SMART FACTORY」の技術を採用します。


●ポイント
 1.パッシブ・アクティブコントロールとスマートマネジメントを駆使した次世代環境配慮型工場
 2.工場屋根上に太陽光発電システム800kWを設置し、全量売電事業を実施
 3.BCP対策として、工場内に160kWの自家発電機を導入

1.パッシブ・アクティブコントロールとスマートマネジメントを駆使した
  次世代環境配慮型工場
 工場棟では、自然の力を活かす「パッシブコントロール」や創エネ・省エネを行う「アクティブコントロール」、それらを適正に制御する「スマートマネジメント」を組み合わせることにより、当社従来建築と比較して照明エネルギーを最大88%以上(※1)削減できます。また、建築物総合環境性能評価システム「CASBEE新築2010年版」の「Aランク」となりました。
 ※1.省エネ法上の照明エネルギーの削減率。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング