「TATERU」が「Robot Home」へ商号変更業界における知名度・ブランド力の更なる向上とより効果的な事業展開を目指す

PR TIMES / 2021年2月12日 17時45分

株式会社TATERU(本社:東京都渋谷区/代表取締役CEO:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)は、2021年2月12日開催の取締役会において、2021年3月24日開催予定の第15回定時株主総会で定款の一部変更が承認されることを条件として、2021年4月1日より「株式会社Robot Home」へ商号変更することを決議いたしましたので、お知らせします。



[画像: https://prtimes.jp/i/4078/319/resize/d4078-319-971344-0.png ]

商号変更の目的
 当社は、「くらしに価値を」という経営理念のもと、投資用不動産の開発(TATERU事業)や賃貸管理事業(KANRY事業)を展開してまいりました。直近では特に、AI・IoT事業、DX推進事業を「重要かつ戦略的な分野」と位置付け、子会社であるRobot Homeを中心にResidence kitをはじめとするIoTシステムの開発や運用に取り組み、AI・IoT事業のサービス強化、知名度向上を図ってまいりました。
 そこでこのほど、「Robot Home」を商号として起用することで、業界における知名度およびブランド力の更なる向上と、より効果的な事業展開を目指し「株式会社Robot Home」に商号変更いたします。
また、従来当社の子会社「Robot Home」の商号を「Residence kit」に変更し、当社グループのAI・IoT事業、DX推進事業の要と位置づけ、IoTサービスやAI開発を中心とした事業を展開し、当社グループのブランド確立につなげます。
 当社は新商号「Robot Home」のもと、2020年より取り組む成長戦略において収益向上に一層注力するとともに、「くらしに価値を」という経営理念のもと、テクノロジーを通じ、世の中の期待に応え、人々の暮らしが豊かになる世界の実現を引き続き目指してまいります。

株式会社TATERU 概要
社名      :株式会社TATERU
設立      :2006年1月23日
資本金     :72億9600万円
代表取締役CEO :古木 大咲
本社      :〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-4-14-2F
主な事業内容  :AI・IoT事業
        :DX推進事業
        :KANRY事業
        :TATERU事業
主な子会社   :株式会社 Robot Home
        :株式会社 TABICT
        :株式会社 サナス
ウェブサイト  : https://corp.tateru.co

お問い合わせ
TATERU 広報課
pr@tateru.co

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング