【ホテル日航大阪】開業30周年記念 世代を越えて伝えたい本物の味をここに。ホテル日航大阪『伝統の一品』を紹介!

PR TIMES / 2012年3月30日 16時37分



今年9月4日に開業30周年を迎える大阪・心斎橋のホテル日航大阪(大阪市中央区西心斎橋1-3-3:総支配人 秋月清二)では、3/1(木)よりスタートした30周年記念プロジェクトの第3弾として、ホテル直営の各店舗で開業以来、多くのお客様に特に親しまれてきたメニューをセレクトし、ホテル日航大阪『伝統の一品』として、4/1(日)~9/30(日)の間、コース又は単品メニューとして販売いたします。

ホテル日航大阪の直営レストラン6店舗とバーラウンジ2店舗にはいずれも、初代シェフやバーテンダーのオリジナルレシピを代々継承した、根強い定番メニューがあります。例えばメインバー「夜間飛行」の店名を冠したカクテル『ボル・ド・ヌイ』は、1984年の国際カクテルコンペティション技術部門で世界一を受賞したホテル日航大阪のバーテンダー(当時)がコンペティションで披露したカクテルで、ロマンティックな色と口当たりの良さが女性に人気です。

一方、定番メニューに2代目・3代目シェフの創造性というスパイスが加わって、現代的なメニューに生まれ変わったものもあります。例えばフランス料理「レ・セレブリテ」の定番メニュー『フォワグラのテリーヌ』。3代目シェフ小西太郎はこのオーソドックスな一品を、クランブルクッキーやポートワインのゼリーとともにパフェに仕立て、目で楽しみ、食感で楽しむ新スタイルで提供しています。

このほかにも、醤油をいち早く洋食に取り入れた、和洋コラボレーションの先駆けの一品『ビーフピラフ』(カフェレストラン「セリーナ」)や、どこか懐かしく優しい味わいの『ベイクドチーズケーキ』(ティーラウンジ「ファウンテン」)など、8店舗の定番メニューをラインナップしました。

ホテル日航大阪では、こうした“本物の味”が既存のお客様だけでなく、世代を越えて2世代・3世代といった次世代のお客様に受け継がれ、親しまれ、ホテルファンの獲得につながることを期待しています。メニュー詳細は添付資料をご参照ください。

【ホテル日航大阪『伝統の一品』シリーズ】*価格表示はいずれもサービス料・税金込。

■2階カフェレストラン「セリーナ」
メニュー名:「ビーフピラフ」
特製醤油だれで香ばしく仕上げたピラフと、自家製照り焼きソースを絡めた牛肉は抜群の相性。日本の代表的な調味料“醤油”をいち早く洋食に取り入れた、和洋コラボレーションメニューの先駆け。
提供時間:11:30~15:00(ラストオーダー14:30)
     17:30~21:30(ラストオーダー21:00)
     ※土・日・祝日は17:00~
料  金:単品価格¥2,100
ご予約・お問い合せ:セリーナ直通TEL.06(6244)1036

■3階日本料理「弁慶」
メニュー名:「胡麻豆腐」
香ばしく煎って丁寧に練り上げた胡麻の濃厚な風味、舌触りの良い滑らかな食感と適度の弾力。素材の良さと仕込みの技が生きる弁慶オリジナルレシピの手作り胡麻豆腐。
提供時間:11:30~14:30
17:30~21:30(ラストオーダー21:00)
料  金:単品価格¥1,000 
ご予約・お問い合せ:弁慶直通TEL.06(6244)2419

■3階寿司「千羽」
メニュー名:「玉(ぎょく)」
砂糖を一切使用せず、卵と海老のすり身、だしの絶妙な比率と繊細な火加減で焼き上げた一品。きめの細かな生地と上品な甘さが、寿司職人のこだわり。
提供時間:11:30~14:30
17:30~21:30(ラストオーダー21:00)*木曜日定休
料  金:にぎり¥600(2貫)単品価格¥300
ご予約・お問い合せ:千羽直通TEL.06(6244)2419

■3階中国料理「桃李」
メニュー名:「豚の角煮」
ゆっくりと時間をかけて煮込んだ豚の三枚肉に、秘伝の調味料を利かせた広東風の豚の角煮。豊かな旨みはそのままに、さっぱりと仕上げるのが桃李スタイル。
提供時間:11:30~14:30
17:30~21:30(ラストオーダー21:00)
料  金:単品価格¥1,700
ご予約・お問い合せ:桃李直通TEL.06(6244)2455

■3階フランス料理「レ・セレブリテ」
メニュー名:「フォワグラのテリーヌ」
ハンガリー産がちょうのフレッシュフォワグラ「フォワグラ・ド・オワ」のみを使用し、徹底した温度管理と緻密な工程で仕上げたテリーヌを、ポートワインゼリー、クランブルと共にパフェスタイルで。
提供時間:11:30~14:30
     17:30~21:30(ラストオーダー21:00)*火曜日定休
料  金:単品価格¥3,000
ご予約・お問い合せ:レ・セレブリテ直通TEL.06(6244)2472

■3階鉄板焼「銀杏」
メニュー名:「ガーリックライス」
黒毛和牛の鉄板焼の締めの定番の一品。厳選した国産米、ガーリック、黒毛和牛の油脂、こだわり卵で炒飯風に仕上げます。シェフの手さばき、音、香り、五感でお楽しみいただけます。
提供時間:11:30~14:30
     17:30~21:30(ラストオーダー21:00)
料  金:単品価格¥1,700
ご予約・お問い合せ:銀杏直通TEL.06(6244)2468

■2階メインバー「夜間飛行」
 メニュー名:「ボル・ド・ヌイ(夜間飛行)」
「夜間飛行」の店名を冠したこのカクテルは、1984年度の国際カクテルコンペティション技術部門で、世界一に輝いたホテル日航大阪のバーテンダー(当時)のオリジナルカクテル。ブランデーベースの格調とロマンティックな色合いが特徴です。      
提供時間:17:00~1:00(ラストオーダー0:30)
料  金:¥1,850
ご予約・お問い合せ:夜間飛行 直通TEL.06(6244)1197

■1階ティーラウンジ「ファウンテン」
 メニュー名:「ベイクドチーズケーキ」
このケーキは、洋菓子界の巨匠 故安井寿一氏の直弟子であった初代パティシエのオリジナルレシピです。新鮮な北海道産ミルクとクリームチーズで、しっとりコクのある優しい味わいのチーズケーキ。
提供時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
料  金:¥520
お問い合せ:ファウンテン直通TEL.06(6244)1695

尚、『伝統の一品』メニューは、リーフレットのほかにホテル日航大阪ホームページよりデジタルブックにて配信しています。

【ホテル日航大阪について】
1982年9月4日開業。開業から2ヶ月間でホテル来館者数が50万人を超えるなど、心斎橋界隈の人の流れを変えたという伝説が生まれました。鶴がまっすぐに空に飛び立つ姿をイメージしたユニークな外観は、まさに心斎橋のランドマークとして広く親しまれています。10~30階は635室の客室を有し、中でも10~19階にはシンプルなデザインと快適性を追求したオリジナル客室ブランド「L(フロア)」を配しています。9つの直営レストラン・バーや大小13の宴会場、チャペルをはじめとする総合施設を備える大型シティホテルです。現在、心斎橋エリア活性化活動の一環として大丸心斎橋店や周辺店舗との相互送客を目的としたタイアップ企画を実施するほか、地元大学や異業種とのコラボレーションによる商品開発を積極的におこなっています。
ホテル日航大阪公式サイト http://www.hno.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング