最も検索されたのは4月と同じく「大腸 内視鏡」「整形外科」「ロキソニン」。TV報道などで行方不明者の存在が話題となった「認知症」や 5月末からの脳卒中週間に関連する「脳梗塞」の検索が増加

PR TIMES / 2014年6月11日 15時11分

「病院探し・お薬探しの“切り口”」の最新動向 2014年5月版



月600万人が利用する日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株式会社 QLife(キューライフ/本社:東京都千代田区、代表取締役:山内善行)は、「病院探し・お薬探しの“切り口” 5月実績」を発表した。これは、病院検索サイトQLife(http://www.qlife.jp/)上で、医療機関を探すユーザーが検索時に最も多く利用したキーワード・診療科目ならびに、医薬品検索サイト『QLifeお薬検索』(http://www.qlife.jp/meds/)上で、薬を調べるユーザーが検索した製剤名を集計したもの。

全体的な傾向では、キーワードでは健康診断関連ワードや精神疾患の検索が増加したほか、薬剤では降圧剤や消化器系の薬剤の検索が増加した。

●キーワード・・・検索数トップは前月と同じく【大腸 内視鏡】。2位には【認知症】が入った。5月11日に放送されたNHKスペシャル「認知症800万人時代 行方不明者1万人」以降、検索数が増加した。その他には、【うつ病】【統合失調症】といった精神疾患の病名や、5月26日からの脳卒中週間でメディアに多く取り上げられた、【脳梗塞】の検索が増加した。

●診療科目・・・検索数トップの【整形外科】をはじめ、前月から大きな変化はみられなかった。

●薬剤・・・上位では【ファモチジン】【ガスモチン】などの消化器系の薬剤と、【クレストール】【オルメテック】【ブロプレス】などの循環器系の薬剤の検索数が増加した。検索数トップは前月と同じく【ロキソニン】。


▼株式会社QLifeの会社概要
会社名 :株式会社QLife(キューライフ)
所在地 :〒100-0014 東京都千代田区永田町2-13-1 ボッシュビル赤坂7F
代表者 :代表取締役 山内善行  設立日 :2006年(平成18年)11月17日
事業内容:健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業
企業理念:医療と生活者の距離を縮める URL : http://www.qlife.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
株式会社QLife 広報担当 田中
TEL:03-3500-3235/E-mail:info@qlife.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング