【報道参考資料】エボラ出血熱・リベリア 1週間で最大の感染者数、感染拡大とまらず

PR TIMES / 2014年8月19日 15時4分

これまでに778名が感染、402名が死亡



※本信は ユニセフ・リベリア事務所の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は http://bit.ly/1lcxrgK でご覧いただけます


【2014年8月15日 モンロビア(リベリア)発】

エボラ出血熱の感染が確認された4カ国は、非常事態を宣言、エボラ出血熱の感染拡大
がとまりません。

ユニセフは、感染と感染拡大を防ぐため、一般市民に向けた教育・広報活動、隔離用
テントやベッドの提供を含めた治療に必要な医療品や予防に必要な消毒用品の提供、
医療従事者への研修・育成などを行っています。

8月15日発表のユニセフ・リベリア事務所による情勢レポート報告書(SitRep #45)の
一部をご紹介します。なお、本報告書の統計は、リベリア保健社会福祉省の報告書に
基づくものです。


■概要


・エボラ出血熱により、リベリアでは人道危機が急速に拡大、正式に「国家非常事態」
を宣言
国内で稼働している保健施設は限られ、政府サービスも限定的、物価-特に食糧価格-
が高騰

・北部のロファ県への出入りは制限されており、隔離状態に、他の地域でも移動の
制限が発生

・感染は広まっており、8/6~8/13に1週間で最大の新たな感染者となる232名を確認、
新たな感染の76%は北部のロファ県と西部のモントセラド県で発生
国内全体に感染が広がっており、新たに2県で感染の疑いを確認

・8月13日時点で、エボラ出血熱第2フェーズ(5月29日以降)におけるリベリア国内での
エボラ出血熱の累計患者数は778名(確認184名・推定421名・疑い173名)、
うち402名が死亡(確認148名・推定188名・疑い66名)

・エボラ出血熱と保健システムの崩壊により、医療従事者への感染も広がる、これまでの
医療従事者の感染者(確認、推定、疑い)は累計88名、うち36名が死亡

・この1週間で、エボラ治療ユニットでの感染者数はほぼ3倍となっており、61名(8/6)
から175名(8/13)に増加、現在、エボラ治療ユニットは2カ所に設置されており、
増床しているものの、この数日間で入院者数は増加しており、増床後も過密状態になる
と思われる

・中部のボング県に新たなエボラ治療ユニット(3カ所目)の設置の協議が進めている、
首都モンロビアでは複数地域に中レベルの隔離センターの設置も検討中

・コミュニティのメンバーによる道路封鎖やデモも続いており、遺体の埋葬を行うのが
難しい状況、また治安中の懸念も高まっている

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング