世界初の車載用サージ保護デバイスを発表

PR TIMES / 2012年8月1日 10時27分



~ 自動車業界で推奨されるISOパルス規格準拠の小型保護デバイスTransil(TM)が、
センシティブな車載電装品の認定に要する時間を短縮し、コストを削減 ~

エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、自動車
業界の推奨規格に準拠した唯一のサージ保護デバイスを提供しており、車載
電装品メーカーによる安全性・信頼性を向上させたシステムの供給をサポート
しています。これらの過渡電圧抑制回路(transient voltage suppressor, TVS)
は、各種認定に要する時間を短縮するため、より短期間で価格競争力のある
新製品の開発を可能にします。

サージ保護は、車両の電気配線に望ましくない電圧パルスが、安全システム、
制御用モジュール、インフォテインメント機器等の損傷を受けやすいサブ
システムを破損するのを防ぎます。この様なパルスは、搭乗者からの静電気放電
(ESD)、サブシステム(モータ・ドライバやエアコン等)のオン・オフ、
またはバッテリが突然切断になった際の負荷等によって発生することがあります。
設計者は、従来、車両では稀なパルス形状を規定した工業規格に準拠する
デバイスを選択していました。

STの小型サージ保護デバイスTransilのSM4TY-SM30TYシリーズは、自動車業界で
使用されるパルス規格に準拠しています。また、ディスクリート半導体の自動車
信頼性試験規格AEC-Q101およびAGAC(Automotive-Grade Approval Certificate)
にも準拠しています。これにより、設計者は、工業規格と自動車規格の同じ部分
を調査し、新しいサブシステムの各設計を再認定する必要がなくなります。
したがって、新しい革新的なサブシステムを迅速かつ優れたコスト効率で開発
することができます。

保護デバイスであるTransilは、小型表面実装型パワー・パッケージ
(12.8mm2~46mm2)に実装され、車両の配線中に発生するパルスとESD過渡に
含まれる電力(400W~3000W)に対応します。

車載用保護デバイスTransilの特徴
・電気的過渡現象:ISO 7637に基づき試験・認定済み
・ESD放電:ISO 10605に基づき試験・認定済み
・AEC-Q101準拠
・全デバイスが単・双方向構成で使用可
・SM4TY:SMAパッケージ(2.55 x 5.05 mm)、400 W
・SMA6TY:SMAパッケージ(2.55 x 5.05 mm)、600 W
・SM6TY:SMBパッケージ(3.60 x 5.35 mm)、600 W
・SM15TY:SMCパッケージ(5.90 x 7.95 mm)、1500 W
・SM30TY:SMCパッケージ(5.90 x 7.95mm)、3000 W

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング