【報道参考資料】中央アフリカ共和国 子ども兵士103名を解放

PR TIMES / 2014年8月20日 11時1分

今年解放された子どもは1,388名、昨年の4倍に



※本信はユニセフ本部が発信した情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74816.html でご覧いただけます


【2014年8月18日 バンギ(中央アフリカ共和国)・ダカール(セネガル)発】

中央アフリカ共和国の首都バンギで、先週、8歳から17歳の子ども103名が武装勢力
から解放されました。

武装勢力のリーダーとの交渉の末に解放された、13名の女の子を含む103名の子ども
たちは、旧セレカへの報復活動を行うアンチバラカと行動を共にし、主にバンギや
国内の西部地域で活動していました。

ユニセフ・中央アフリカ共和国事務所のスリマン・ディアベット代表は、「紛争が
長期化し、武装勢力に徴用される子どもの数が急増しています。紛争に子どもたち
を徴用することは、子どもの権利への重大な侵害です。これらの子どもたちは、
子どもが決して経験するべきでない、残忍な暴力を目撃しています」と述べました。


解放された103名のうち、11名が依然として家族と離れ離れになっています。
子どもの保護専門官による状況確認を行った後、この子どもたちはバンギにある
ユニセフが支援するセンターで保護され、必要とされる特別な支援を受けます。
パートナー団体であるイタリアのNGOが運営するこのセンターでは、即時ケアや
心のケアを提供。また、家族との再会やコミュニティへの復帰の準備を進めるため、
家族の追跡支援も行われています。

一方で、家族や親戚と再会できた子どもたちは、近隣にあるユニセフが支援する
センターに通い、レクレーション活動、心のケア、暖かい食事などの支援を受ける
ことができます。また、ユニセフは、子どもたちがコミュニティに戻った後、再び
学校に通うことができるよう、支援を行っています。

「ユニセフは、子どもたちやその家族が暮らすコミュニティで支援を行っています。
そうすることで元兵士の子どもたちは、社会復帰に向けていち早く歩み出すことが
でき、武装グループと関わりをもたない人生を選択できるのです」
(ディアベット代表)


ユニセフは紛争に関わるすべての関係者とともに、子ども兵士の状況確認や解放、
家族との再会のための支援を実施しています。パートナー団体との協力の下、
2014年1月以降、武装勢力に徴用されていた子どもたち1,388名(うち285名は女の子)
の解放に至りました。これは、2013年に解放された人数の4倍以上にあたります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング