丸亀製麺の運営企業トリドールがBI基盤に「QlikView」を活用

PR TIMES / 2013年6月12日 10時53分

~ POSデータ分析で店舗戦略を強化し、事業成長を促進 ~

 株式会社トリドール(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:栗田
貴也、略記:トリドール)は、丸亀製麺をはじめとする飲食店の店舗戦略を支
えるBI基盤に、株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:
大塚 辰男、略記:アシスト)が取り扱う連想型高速インメモリBIツール
「QlikView」(開発元/販売元:Qlik Technologies, Inc.、クリックテッ
ク・ジャパン株式会社)を採用しました。



 トリドールが運営するセルフうどんチェーン「丸亀製麺」は、2000年の初出
店以降11年間で500店舗を達成するなど、国内外食チェーン単独ブランドとし
て急速に事業を拡大しています。この急速な成長に伴い、これまでExcelで
行っていたPOS(販売時点情報管理)システムの販売データ分析に、データ量
やデータ加工の工数、集計速度などの面で刷新が望まれ、新たにBIツールを導
入することとなりました。BIツールの選定にあたり、次の6つの評価から
「QlikView」を採用しました。

 1. 10億件を超えるPOSデータを分析対象とするにあたり、高速なレスポンス
   を確保できる
 2. 店舗ごとにExcelでデータ加工していた事務工数を削減し、店舗本来の業
   務に集中できる
 3. 販売分析のほか、全社員の労務管理や教育進捗管理もできる
 4. 利用者である営業マネージャーなど300名を超えるユーザが簡単に使え、
   自分たちで課題を解決できる
 5. ユーザからの改善要望をシステム部門ではなく、ユーザ自身による内製
   のシステム開発で解決できる
 6. 低コストでスモールスタートでき、全店展開へとつなげられる

 2012年の利用開始後、これまでは店舗やエリアごとで異なっていた分析を全
社レベルで統一、同じ視点で数字を認識/共有できるようになり、約1,000店
舗に迫る大規模な事業の運営に貢献しています。また、システムに蓄積されて
いたものの活用できていなかったデータも分析対象に追加できるようになり、
新たな指標で相関関係や比較ができていると高く評価しています。今後は、地
図情報と連携した分析を視野に、さらなる活用を進める予定です。

 今回のトリドールのBI基盤構築のノウハウについては、7月9日に名古屋、
7月12日に大阪にて開催されるアシストのプライベート・イベント「アシスト
フォーラム2013」にて事例発表が行われます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング