【報道参考資料】エボラ出血熱・シエラレオネ 感染者前週より100名以上増える

PR TIMES / 2014年8月21日 10時26分

エボラ以外の病気の罹患・死亡が増加



※本信は ユニセフ・シエラレオネ事務所の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は以下でご覧いただけます
http://www.unicef.org/appeals/files/UNICEF_Sierra_Leone_Ebola_Weekly_Sitrep_17_August_2014.pdf


【2014年8月17日 フリータウン(シエラレオネ)発】

本報告書の統計は、シエラレオネ保健衛生省が発行する日刊報告書に基づくものです
(報告期間:8月11日~17日)。


■概要
・エボラ出血熱と確認された症例は775件でうち297名が死亡、致死率は38.3%
(8月17日時点)
前週より、確認された症例は105名増加

・エボラ出血熱と確認された症例のうち22%は子ども(0~17歳)

・リベリア国境と近い東部のケネマとカイラフンの隔離施設に入院している患者は
121名、これまでに計215名が回復して退院(前週より40名増加)

・感染者との接触を追跡確認できたのは2,323件(内訳:東部のカイフラン362件、
同ケネマ579件、西部のポート・ロコ488件、北西部のカンビア13件、
南部のボー189件、北部のボンバリ156件、南部のモヤンバ79件、同プジェフン46件、
中部のトンコリリ8件、西部地区の都市部で394件、同農村部で36件)
2,021件は21日間の追跡調査期間を終了し、調査対象外に


■エボラによる影響
・今週、政府は基礎教育修了試験ならびに学校の再開を延期することを発表
(期間不明)

・子どもや女性が基本的な保健サービスを利用できない結果、エボラ以外の病気の
罹患と死亡が増加

・エボラ出血熱による基本的な社会サービスの利用と経済全体への影響を把握する
ために、喫緊に系統だった調査が必要


■ユニセフのエボラ対策に必要な資金総額

349万9,706米ドル(約3億5,697万円 ※1米ドル=102円で換算)

用途:調整、社会への啓発活動、監視と追跡調査、物資供給と輸送、子どもの保護、
治療
現在、76%の資金が不足

補足:シエラレオネ全体での対策費用総額:2,581万7,130米ドル
(約26億3,334万円 ※1米ドル=102円で換算)


■ユニセフの取り組み


<社会への啓発活動>
・国内全世帯の戸別訪問を検討中:質疑応答や感染者と接触した人の追跡調査強化、
エボラの影響を受けている子どもを探し出す、住民と医療従事者の信頼関係の向上
を目指す、訪問した世帯には棒状の石けんを配布し、手洗いを奨励

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング