「D’s SMART SILVER(ディーズ スマート シルバー)」の実証実験を開始

PR TIMES / 2013年9月30日 15時51分

当社初「太陽熱・地中熱利用給湯システム」を導入した次世代環境配慮型介護施設

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2013年10月1日より、施設で利用する給湯に太陽熱と地中熱を効率的に利用することで、給湯におけるCO2排出量を約70%(※1)削減する次世代環境配慮型介護施設「D’s SMART SILVER(ディーズ スマート シルバー)」の実証実験を、株式会社シダー様(本社:福岡県北九州市、代表取締役:山崎嘉忠)が運営する山梨県甲府市の「あおぞらの里 甲府南デイサービスセンター」で開始します。
 今後、実証実験で採用・効果検証した環境配慮技術を、当社が設計・施工する介護施設(有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅等)に採用していきます。




 当社は、法人のお客さま向けの建築物について、2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」(運用時のCO2排出量をゼロ)を目指す「Smart-Eco Project(スマートエコプロジェクト)」をスタートさせ、その第八弾として、「あおぞらの里 甲府南デイサービスセンター」において当社初の独自技術を取り入れた「太陽熱・地中熱利用給湯システム」や、再生可能エネルギーを効率的に利用できる「エネルギーマネジメントシステム」を採用し、実証実験を開始することになりました。
※1.1990年当時の当社建築物と比較した場合(当社試算による)。

●ポイント
1.「太陽熱・地中熱利用給湯システム」により、再生可能エネルギーを最大限利用
2.パッシブ・アクティブコントロールとスマートマネジメントを駆使した次世代環境配慮型介護施設

1.「太陽熱・地中熱利用給湯システム」により、再生可能エネルギーを最大限利用
 一般的なデイサービスでは利用者の入浴が毎日あり、施設全体に占める給湯エネルギーの使用割合が非常に高くなっています。 
 「あおぞらの里 甲府南デイサービスセンター」では、「太陽熱・地中熱利用給湯システム」(※2)」を導入することで、夏季など日射量の多い日においては、施設で利用するほぼ全ての給湯を賄うことができるため、年間約70%(※1)の給湯エネルギーを削減することができます。
 当システムは、晴天時は、太陽熱で温水を作り、給湯に利用します。また、日射量が少ない雨天・曇天時や夜間は、「地中熱ヒートポンプ」に切り替えることで、異なる種類の再生可能エネルギーを効率的に利用することができます。
※2.平成25年度再生可能エネルギー熱利用加速化支援対策事業補助事業に選出。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング