【報道参考資料】イラク北部 女性や子どもへの殺害、誘拐、性暴力 シンジャルからの避難民が証言

PR TIMES / 2014年8月21日 14時18分



※本信は ユニセフ本部の情報を、日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に編集
したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74848.html でご覧いただけます


【2014年8月20日ドホーク(イラク北部)発】

ユニセフは、イラク北西部のシンジャルから逃れてきた人たちから、武装集団が女性や
子どもの殺害、誘拐、性的暴力を行っているとの証言が寄せられていることを明らかに
しました。

ユニセフ・イラク事務所代表のマルツィオ・バビルは「この数週間、イラク国内で起きて
いる子どもや女性、少数民族の権利侵害は、今世紀で最悪のもののひとつと言えます。
紛争に関するあらゆる基準や行動規範において、決して受け入れられないほどひどい行為
です」と述べました。

ユニセフは、子どもの保護専門家チームを現地に派遣。武装集団が、ニナワ州のシリア
国境近くに暮らしていたヤズディ教徒やほかの少数民族を攻撃した際に起こした人権侵害
123件を個別に文書にまとめています。このうち、ユニセフはこれまでに80件の事案に
ついて調査を行い、内容を検証しています。本調査は、紛争下における子どもの権利侵害
に関するモニタリング・レポーティング・メカニズム(詳細後述)に基づいて実施されて
います。


ユニセフ・イラク事務所の子どもの保護専門官 イブラヒム・シセイは「我々が話をした
人ほぼ全員が、自分自身や家族、コミュニティが受けた人権侵害について語っています。
皆、恐ろしい人権侵害を目撃するか、経験しています」と語りました。

16歳のヤズディ教徒のある少女は、武装集団が、強制的かつ一時的な結婚のもとで性的
サービスをさせるために少女や女性たちを一同に集めていたと証言しました。証言を
した少女はその場から逃げることができたものの、ほかの人たちは連れ去られたと
いいます。

シセイ子どもの保護専門官は「このようなつらい経験をし、少女や女性は大変苦しんで
います。このような悲劇の広まりへの対応の一環として、専門家による精神的なケアと
医療支援を拡大させる必要があります」と述べました。

ユニセフはこれまでに、ドホーク州で避難生活を送る子どもたち3,000人以上に心のケア
と支援を行っています。


■参考情報:紛争下における子どもの権利侵害について
2005年、国連安保理決議1612を受け、国連事務総長は、モニタリング・レポーティング
メカニズムを設けました。このメカニズムはユニセフと当該国の国連トップの共同主導
による、当該国のタスクフォースによって管理され、以下の6項目における子どもの
権利侵害に関して、タイムリーかつ信頼できる情報を提供します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング