『食べログ』、「外食時の飲み物」に関する調査結果を発表(回答者数:15,797人) 「とりあえずビール」は健在!男性6割、女性4割が”とりビー派”

PR TIMES / 2014年7月25日 11時0分

株式会社カカクコム(東京都渋谷区 代表取締役社長 田中 実、東証コード:2371、以下カカクコム)が運営するランキングとクチコミのグルメサイト『食べログ( http://tabelog.com/ )』がサイト利用者に実施した、「外食時の飲み物に関するアンケート」結果から、今回はビールに関する調査結果を一部抜粋してご紹介します。
来る8月1日(金)は「世界ビール・デー」*、8月4日(月)は「ビアホールの日」**と、ビールにまつわる記念日が連続していますが、昨今よく聞く、「若者のビール離れ・アルコール離れ」について、はたして実態はどうなのか、探ってみました。
(*アメリカ カリフォルニア州サンタクルーズ発祥の記念日、**「日本記念日協会」認定)




--------------------------------------------------------------------------------------
8/1「世界ビール・デー」、8/4「ビアホールの日」を前に、イマドキの飲酒事情を紹介
「とりあえずビール」は健在!男性6割、女性4割が”とりビー派”   
1番人気は「ビール」!”ビール党”は幅広い年代に分布するも、
20代では”とりビー派”(約35.1%)、”非とりビー派”(約31.7%)と、二極化も!?
--------------------------------------------------------------------------------------

※調査結果詳細・グラフPDF : http://prtimes.jp/a/?f=d1455-20140725-3907.pdf

~トピックス~
◆飲酒状況:すべての年代で半数近くが「お酒好き」。20代の2割は少量飲酒の”ライトドリンカー”
40代の57.1%を筆頭に、20代の48.2%まで全体を通じて半数近くが「お酒好き」と回答。飲酒量については、男性は「ビール 中ジョッキ3杯程度」(25.1%)、女性は「ビール 中ジョッキ2杯程度」(22.5%)が最多。また、20代については、お酒の量がもっとも少ない選択肢の「ビール コップ1杯程度」が19.4%と、全体結果(9.4%)を10ポイント上回り、実に2割近くの人が、外食の際にごく少量しかお酒を飲まない”ライトドリンカー”であることが明らかに。

◆夜に飲みに行く頻度:”月1,2回ペース派”と”週1,2回ペース派”に分かれる。経営者は「週に2,3回程度」が最多。
職業別でみると、会社員や公務員などでは、「1ヶ月に1回程度」「2週間に1回程度」といった”月1,2回ペース派”と「週に1回程度」「週に2,3回程度」の”週1,2回ペース派”に分かれる結果となり、企業経営者・会社役員においては、「週に2,3回程度」(22.9%)がもっとも多く、会食・接待の機会が多い様子がうかがえる結果に。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング