~私立中高一貫校180校の関係者と、小学生&保護者1万名が一堂に集結~ ベネッセ「進研ゼミ」主催の中学受験進学フェア5月19日開催

PR TIMES / 2013年4月10日 15時23分

将来を見据えた受験校選びで、新たな学校に関心が集まるなか、多数校を集めて開催



~私立中高一貫校180校の関係者と、小学生&保護者1万名が一堂に集結~
ベネッセ「進研ゼミ」主催の中学受験進学フェア5月19日開催
将来を見据えた受験校選びで、新たな学校に関心が集まるなか、多数校を集めて開催
---------------------
株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下ベネッセ)の通信講座「進研ゼミ」では、中学受験を志望する小学生とその保護者を対象に進学フェア「Benesse進学フェア2013」を実施します。
以下、プログラム詳細をご一読いただき、来春の中学受験の動向を読む場として、告知記事および当日の取材をご検討いただければ幸いです。


◆Benesse進学フェア2013
2013年 5月19日(日)10:00~16:00 東京国際フォーラム 地下2階展示ホール

http://benesse.jp/fair/


■Benesse進学フェアについて
Benesse 進学フェアは、例年多数のご来場(昨年実績:約1万200名)をいただく、大規模進学イベントのひとつです。「学校別のパンフレット配布コーナー」「学校関係者による個別相談ブース」「受験や学習への動機づけをテーマにした講演プログラム」などで構成されたイベントです。

毎年多数の集客がある理由は、保護者にとって当フェアが「1.講演会が魅力的」「2.首都圏で入試を実施する私立校の情報を一気に多数入手できる」「3.学校別ブースで各校関係者から生の情報を聞ける」という3点の魅力があるからです。


■今年度のフェアについて
1)将来を見据えた受験校選びにより、新たな学校への関心アップ
中学受験では、少子化による志願者減の傾向に加え、複数回受験実施校の増加など、学校を選びやすい環境は続いています。不景気、就職難の影響もあり、将来を見据えて、「6年間で力を伸ばし大学入試で実績をあげている学校」、「理科系に強い学校」に人気が集まっています。中学受験市場全体では微減傾向の一方で、受験者を増やす学校もあり、保護者世代の過去のイメージにとらわれず、学校探しをする傾向もできつつあります。

2)子どもたちが、合格の向こう側を見据えて目標を持って受験にむかえるプログラムを展開
いい学校に入れば、将来が約束されるという社会ではなくなりつつある昨今、子どものモチベーションに配慮したプログラムを構成しています。自分の道を開いて行けるような大人になってほしいという、花まる学習会代表 高濱正伸さんのメッセージや、従来なかった新しい仕事を作り出し、仕事の領域を自在に広げていらっしゃるロボットクリエイターの高橋智隆さんのお話しなど、子どもたちがモチベーションを高く、目標を持って受験に向かっていける講演を準備しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング