JTBの訪日個人観光客向け国内パッケージツアー「サンライズツアー」2015年商品発売

PR TIMES / 2014年9月24日 17時46分

お客様の満足のために~高品質かつ付加価値の高い商品ラインアップを追及~

JTBグループでインバウンド(訪日)旅行を専門とする株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル(東京都品川区 代表取締役社長:座間久徳、以下JTBGMT)は、10月2日(木)から、訪日個人観光客向け国内パッケージツアー「サンライズツアー」の2015年商品の一斉発売を開始します。人気商品の富士箱根ツアーで商品の選択肢を拡充するなど、商品のサービスを向上するほか、2014年春の人気コースの早期発売や2014年9月12日(一部11月1日からの予定)より開始した販売時間の延長による日本到着後の予約機会の拡大などで、年間取扱人数で2014年の20%増となる22万人を目指します。



1964年に誕生した「サンライズツアー」は、1名様(または2名様)からの出発確約や、毎日・通年設定など「初訪日のお客様にも安心してご利用いただける定番商品」というブランドコンセプトで、創立以来50年間にわたりご愛用いただいています。

51年目にあたる2015年は、「次の50年」に向けた取り組み元年として、高品質・高付加価値ブランドとしての展開を強化し、今後ますます増加する訪日個人観光客の期待に応えてまいります。一例として、定番の「富士箱根」「鎌倉・横浜」ツアーでは、食事内容をグレードアップ、宿泊付パッケージでは送り先(ドロップオフ)ホテルを拡大します。サービス面では、コールセンターの多言語化(日・英・中・韓の四カ国語)、長距離移動のバスツアーに無料Wi-Fiを搭載などで、付加価値を提供してまいります。
また、51年目をスタートにあたっての特別企画商品として、東京都観光汽船の宇宙船をイメージした船体で人気の「ホタルナ」を特別に貸し切り、1月1日早朝より、東京湾にて初日の出を鑑賞するプランを設定しました。浅草の振袖さんが一緒に乗船し、お正月ならではのおもてなしをします。初日の出を鑑賞後、元日の富士山バスツアーに乗車する特別セットプランも設定し、80名の定員の完売をめざして、通年商品と同じ10月2日(木)に販売を開始します(その他の新商品は別紙参照)。この他、50年間のご愛顧に対する謝恩プロモーションを、海外・国内提携販売店を対象に順次展開します。

一方で、2013年にスタートしたアジアを中心としたリピーター向けのブランド「エクスペリエンスジャパン」は、
地域発着商品・体験型商品を中心に、年間を通じてタイムリーに発売してまいります。2015年は株式会社JTB国内旅行企画と連携し、商品ラインアップを大幅に拡充する予定です。

2014年1~8月までのJTBGMT訪日個人観光客向け商品の取扱人員は、前年比約140%です。台湾・香港・アジア方面からの訪日客の大幅増加、円安による旅行代金の低下などもあり、堅調に推移しています。2015年は、サンライズツアーで約130コースを設定、取扱目標22万人、エクスペリエンスジャパンは、地域発着商品・体験型商品を中心に通期で700コースの設定、取扱人員10万人を目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング