トランスコスモス、新設したフィリピン マニラ拠点の開所式典を開催

PR TIMES / 2014年11月13日 12時15分

フィリピン市場にコンタクトセンターをはじめとする各種BPOサービスを提供 英語圏向けにオフショアでのサービスも提供



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、2013年12月に設立、2014年9月に営業開始したtranscosmos Asia Philippines, Inc.(本社:マニラ首都圏、以下、トランスコスモス フィリピン)において、10月2日(木)、開所式典を開催しました。

開所式典には、上院議員 Paulo Benigno “Bam” Aquino様、情報通信技術局 副局長 Monchito Ibrahim様、フィリピン経済区庁長官 Lilia De Lima様をはじめ多くの方がご出席され、同センターの開所を祝うスピーチやセレモニーなどが行われました。
Aquino上院議員からは、「トランスコスモスがフィリピンを拠点にサービスを展開することを大いに歓迎し、高い技術の導入によるビジネスと雇用の創出を期待しています。」との祝辞をいただきました。

■transcosmos Asia Philippines, Inc. 概要
名称: transcosmos Asia Philippines, Inc.
代表: 代表取締役社長 山下秀毅
所在地: マニラ首都圏
設立年月日: 2013年12月
席数: 144席
事業内容: コンタクトセンターサービス、バックオフィス、
スマートフォンサイト・スマートフォンアプリ開発・運用サービスなど各種BPOサービス
対応言語: 英語、フィリピン語、その他

■2014年10月2日に開催した開所式典の様子

写真左から、
transcosmos Asia Philippines, Inc. 代表取締役社長 山下秀毅、
情報通信技術局 副局長 Monchito Ibrahim様、
フィリピン経済区庁長官 Lila de Lima様、
上院議員 Paulo Benigno “Bam” Aquino様、
トランスコスモス株式会社 代表取締役社長兼COO 奥田昌孝、
トランスコスモス株式会社 副社長 石見浩一


トランスコスモス フィリピンは、フィリピン市場向けに、コンタクトセンターやバックオフィス業務、スマートフォンサイトやアプリの開発・運用サービスなどの各種BPOサービスを提供します。また、英語圏向けにオフショアでもサービスを提供します。 トランスコスモス フィリピンは、2018年度までに20億円の売上を目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング