パワーオフモード搭載 スイッチング電源用PWM制御ICを開発

PR TIMES / 2012年8月29日 10時8分



パナソニック株式会社デバイス社は、薄型テレビやパソコン、事務機器などの電源用に、待機時消費電力[1]ゼロ※1実現に貢献する、AC-DCスイッチング電源[2]用PWM制御[3]IC(品番:MIP006)を開発しました。2012年10月より量産を開始します。また今回開発した技術を展開し、電源用制御ICシリーズとして商品化をしていきます。

【効 果】
本製品を使用することにより、消費電力200Wクラスまでの電子機器の待機時消費電力ゼロ※1に貢献するとともに、例えば省電力モードなどの軽負荷時でも業界トップレベル※2の低消費電力化を実現できます。また、ノートパソコンなどバッテリ搭載機器のピークシフト機能へ応用することにより、高効率な節電機能を実現可能です。

【特 長】
本製品は以下の特長を有しております。
1. 制御ICの待機時消費電流を当社従来比約94%※3削減したパワーオフモードを搭載することで、交流100V入力時の待機時消費電力3mW(0.003W)以下を達成し、電子機器の待機時消費電力ゼロ※1実現に貢献可能

コンセントに接続された電子機器が電源オフになっている場合に、PWM制御ICのパワーオフモードの消費電流を当社従来品※3の200uAから12uAまで大幅に削減しました。交流100Vを入力した時のスイッチング電源の待機時消費電力3mW以下を実現しており、電子機器の待機時消費電力ゼロ※1に貢献することが可能となりました。

2. 電子機器の通常動作時に加えて、高効率化が難しい入力電力0.5Wの軽負荷時[4]に、業界トップレベル※2の電源効率80%以上※4を実現することにより、電子機器の例えば省電力モード時のさらなる低消費電力化が可能

従来当社では、電子機器の通常動作時の効率80%以上を達成していました。さらに強化される、世界の環境規制に対応する必要があり、特に高出力電源で高効率化が難しい、入力電力0.5Wの軽負荷時の電源効率80%以上※4を達成しました。それにより、電子機器の低消費電力化が可能になります。また、本製品は0.5Wから200Wクラスまでこの制御ICひとつで対応可能になるため、サブ電源を使用する必要がなくなり、シンプルな電源構成が可能になります。

3. 省エネ対応の電子機器の電源に必要な機能を内蔵することにより、外付け部品点数を最大20%削減※5可能になり、電源の設計容易化と小型化を実現可能

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング