DOCSIS 3.0準拠高速ケーブル・モデム用SoCを出展

PR TIMES / 2012年9月13日 10時4分

エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する
世界的半導体メーカーで、デジタルTV・STB用ICの主要サプライヤである
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、アムステルダムで開催
されるIBC 2012(2012年9月7日~11日)にて、最新のDOCSIS(R) 3.0準拠
ケーブル・モデムのデモを実施しました。

STのDOCSIS 3.0準拠モデムは、ダウンストリームで800 Mbps、アップストリーム
で108 Mbpsのデータ速度を達成するため、16チャネルのダウンリンクおよび
4チャネルのアップリンクで通信が可能です。同モデムは、現在市場で入手
可能なモデムよりもはるかに高速で、ホーム・ネットワークを通じ、複数ユーザ
による高品質フルHDマルチメディアと双方向インターネット・サービスの同時
利用を実現します。STは、この専門技術により、高い有線データ転送レートを
保証します。

STのDOCSIS 3.0準拠ケーブル・モデムは、デュアル・コアARM(R) Cortex(TM)-A9
プロセッサを内蔵しており、ルーティング、スイッチング、電話、セキュリティ
およびメディア・サーバといった機能に利用されます。ペイTVやインターネット・
サービスに対応するマルチメディア・サポートとセキュリティ・アルゴリズムを
付加した同製品は、ケーブルTV用STB、デコーダ内蔵・デコーダ無しゲート
ウェイ、ケーブル・モデム等のアプリケーションに向けたSTの製品群の中心に
なります。

STのデジタル・コンバージェンス・グループ バイスプレジデント 兼 ユニファ
イド・プラットフォーム事業部ジェネラル・マネージャであるLaurent Remontは、
次の様にコメントしています。「DOCSIS 3.0規格は、ケーブル事業者がサービス
を革新・強化するために必要となる機能・性能を規定しています。当社の
DOCSIS 3.0に準拠した技術は、現在入手可能な競合製品よりも優れた性能を実現
しており、高品質コンテンツの配信や、ホーム・オートメーション、ホーム・
セキュリティ、eヘルス等、STのお客様による新たなサービスの提供を可能にす
る先進的な製品の創出に貢献します。」

DOCSIS 3.0技術
DOCSIS(Data Over Cable Service Interface Specifications)ケーブル・
モデムは、世界各国のケーブルTV事業者や機器メーカーに使用されています。
ヨーロッパ全域でのEuroDOCSISを含め、幅広く採用されているDOCSISにより、
ケーブルTV事業者は映像、音声およびデータ通信のフル・サービス・プロバイダ
になることが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング