【プレスリリース】エボラ出血熱・リベリア 保健・衛生物資68トンが首都に到着

PR TIMES / 2014年8月25日 14時59分

1週間で最大の感染者約300名を確認



※本信は ユニセフ・リベリア事務所の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74868.html でご覧いただけます

【2014年8月23日 モンロビア(リベリア)発】

8月23日(土) 早朝、ユニセフ物資供給センターのあるデンマークのコペンハーゲンから、
リベリアの首都モンロビアに、保健・衛生用品68トンを積んだ貨物便が到着。これらの
物資は、史上最大の感染が広がるエボラ出血熱の対応に役立てられます。


今回空輸された物資には、最前線で治療にあたる医療従事者を感染から守り、感染拡大を
防ぐための基本的な緊急アイテムが含まれます。また、消毒用の高濃度塩素と浄水剤
27トンや防護用のゴム手袋45万セット、点滴溶液、経口補水塩、治療を受けている患者用
のすぐに口にできる栄養治療食もあわせて空輸されました。

ユニセフ・リベリア事務所代表とリベリア保健社会福祉省大臣は、空港で支援物資が
積まれた貨物便を出迎えました。これらの物資は、国内の保健センターに配布されます。
保健センターの多くは、基本的な保健ケアに必要な物資が不足しています。人員不足と
あいまって、多くのリベリアの方々は、治療や必要不可欠な保健ケアを受けられない
状況にあります。

リベリア保健社会福祉省の副大臣で、エボラ対応にもあたるトルベルト・ニェンスァ
副大臣は「ユニセフは、何十年にわたり、リベリアの良き友人でパートナーであり、
リベリアの最も厳しい時代にも力を尽くしてくれました。今回届いたエボラ対応の物資に
深く感謝しています。これらの物資を使って消毒を行い、診療所や病院に物資を供給し、
診断を再開させます。そうすれば、リベリアの人々に不可欠な保健サービスが再び提供
できるようになります」と述べました。


8月22日金曜日時点で、リベリアで感染が確認または疑われる人は1,000人を超え、
うち613名が死亡しました。リベリアの保健ケアシステムは長年にわたる内戦の影響で
脆弱であったため、エボラ出血熱の感染拡大が急速に広がっています。

ユニセフ・リベリア事務所代表のシェルドン・イエッテは「基本的な保健ケアを、エボラ
の次なる犠牲者にしてはいけません。ユニセフは、感染発生後からさまざまな面での取り
組みを行っています。対応に必要な物資を提供し、感染拡大防止のために必要な情報を
コミュニティに提供し、警鐘を鳴らしてきました。今回到着した物資が各地の保健
センターに供給されれば、感染コントロールを後押しし、最前線にいる医療従事者を
保護し、これまでの取り組みを補完することができます」と述べました。


23日朝に到着した物資は、米国国際開発庁エボラ支援対応チームの支援を受けて調達・
輸送されたものです。

米国国際開発庁エボラ支援対応チームリーダーのティム・カラガンは「史上最大規模の
エボラ感染に直面しています。エボラをコントロールするには、国際的に協調した取り
組みが必要です。この数カ月、我々はユニセフとともに、医療品や重要なメッセージを
届けてきました」と述べました。

来週、ユニセフはリベリア政府に代わり、世界銀行からの資金よって可能となった追加の
保健物資を空輸します。また、ユニセフは、エボラによって脆弱化している物資供給能力
の調査を、リベリア政府を支援しながら行う予定です。

ユニセフは、これまでに200万米ドル相当の物資と技術支援を行っています。
・保健用品の提供
・医療従事者のための防護用のゴーグルの提供
・感染コントロール支援ための塩素、スプレー、その他の水と衛生用品の提供
・コミュニティの医療従事者やその他のパートナーが移動できるように オートバイや
その他の移動手段の提供

ユニセフは、リベリア全土のコミュニティにエボラ予防のメッセージを届けるために、
地元に根付いているコミュニケーションを行う人たちとのチームも結成。また、啓発用の
印刷物の製作や、感染への公衆意識を高めるためのラジオプログラムも作っています。


* * *


8月22日発表のユニセフ・リベリア事務所による情勢レポート報告書(SitRep#48)の
一部をご紹介します。なお、本報告書の統計は、リベリア保健社会福祉省の報告書
(8月20日時点)に基づくものです。


■概要
・前週(8月13日からの1週間)と比べ、新たに感染を確認または疑われる人は297名。
3月に感染が始まって以降、最大の感染者数。

・8月20日時点で、エボラ出血熱第2フェーズ(5月29日以降)におけるリベリア国内での
エボラ出血熱の累計患者数は1,074名(確認263名・推定552名・疑い259名)、うち
613名が死亡(確認216名・推定265名・疑い132名)

・エボラ出血熱と保健システムの崩壊により、医療従事者への感染も広がる、これまでの
医療従事者の感染者(確認、推定、疑い)は累計115名(前週より27名増加)、うち61名
(前週より25名増加)が死亡

・リベリア全土15県のうち、感染が確認されているのは12県、新たに1県で感染の疑い

・感染拡大防止のために、8月19日、無期限での8月20日からの夜間(21時~6時)
外出禁止令を発令

・さらに、西部のモントセラド県のウェスト・ポイントと、隣接する西部のマルギビ県の
ドロ・タウンの無期限での隔離も宣言、隔離政策を受け、治安部隊によって両地区への
出入りはすべて制限

・先週、ユニセフはリベリア保健社会福祉省の保健促進部や主要なパートナーとともに、
エボラの啓発や予防メッセージの改定を実施、新たに啓発ツールを作り、トレーニング
も開発、また消毒用の塩素や水と衛生用品などを提供(前述)

・ユニセフはエボラ対策支援活動を拡大、7月から12月の活動費に600万米ドル
(6億1,200万円 ※1米ドル=102円で換算)を要請しているが、現在500万米ドルが
不足している状態


* * *

報道関係の皆様におかれましては、ユニセフ『アフリカ緊急募金』の告知にご協力
いただけますよう、お願いいたします。


■□ アフリカ緊急募金 □■
郵便局(ゆうちょ銀行) 振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会

*通信欄に「アフリカ緊急募金」と明記願います。
*窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。
*公益財団法人 日本ユニセフ協会への寄付金には、特定公益増進法人への寄付として、
所得税、相続税、法人税の税制上の優遇措置があります。また一部の自治体では、
個人住民税の寄付金控除の対象となります。


■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
Rukshan Ratnam, ユニセフ・リベリア事務所広報官,
Tel: +231-(0)770-25-7111 (office), +231-(0)770-26-7111 (mobile), rratnam@unicef.org

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング