今年のエイプリルフール 日本の小学生は誰にどんなウソをついた? ~「可愛いウソ」から「大人がドキッとするウソ」まで ~

PR TIMES / 2013年4月19日 15時17分



=進研ゼミ小学講座の記事配信サイト「今ドキ小学生まとめ」 調査レポート第8弾公開中!=
今年のエイプリルフール
日本の小学生は誰にどんなウソをついた?
~「可愛いウソ」から「大人がドキッとするウソ」まで ~
--------------------------------------------------------------------------
 進研ゼミ小学講座のwebサイト「今ドキ小学生まとめ」(http://blog.benesse.ne.jp/sho/matome/)では、小学校6 年間の間に起こる様々な変化・成長に関する調査結果を季節ごとのイベントに合わせてご紹介していきます。
 今回は、4月1日のエイプリルフールを小学生たちがどう過ごしたのかを小学生1200人(1学年200人×6学年)を対象に調査を実施しました。 そもそも、今の小学生はエイプリルフールをどの程度知っているのでしょうか?


◆エイプリルフールを知っている小学生は全体の77%

 小学1年生ではまだ半分近く(44%)の小学生がエイプリルフールを知らない状態ですが、学年が上がるにつれて「知っている」が増加し、6年生では実に93%の小学生がエイプリルフールを「知っている」状態になるようです。(グラフ1)
 ただ、「知っている」と回答した小学生の中でも、「ウソをついたりつかれたりしている」のはいずれも約20%にとどまるようです(グラフ2)

◆ウソをつく相手、ウソをつかれる相手、いずれもTOPは「母親」 気になるウソの内容は?

 誰かにウソをついた小学生(216人)と誰かからウソをつかれた小学生(224人)を対象に、それぞれウソをついた相手について聞いたところ、以下のグラフのような結果になりました。
 今年の4月1日は春休み中の平日だったことも関係してか、日中一緒に過ごす時間が長い母親がウソをついた相手でもウソをつかれた相手でも最も高い割合を占めました。 小学生がつくウソとはいったいどのようなものなのでしょうか。自由回答でお答えいただいた中から一部紹介いたします。

【可愛い系】  低学年は男の子も女の子も思わずにっこりしてしまうような可愛いウソが多く見られました。
「後ろに小さい天使がいるよ~」小1女子
「お庭にうさぎさんが遊びに来てた!!!」小2女子
「俺、お父さん嫌い。」小2男子
「ママなんて嫌~い(笑)」小3男子
「妹に、外に象が歩いているよって話した。」小3男子

【面白い系】  小学生らしい、ウソをつかれた相手も笑ってしまいそうな楽しいウソがありました。
「アイスクリームがお茶漬け味だった!って言った」小4男子
「玄関でコロポックルが漫才してるよ」小5男子

【ドキッとする系】  高学年の女子になると、大人をドキッとさせるようなウソもありました。
「パパに彼氏ができたって言った」小5女子
「好きな人から告白されちゃったってママに言った」小6女子

◆ウソをつかれた相手の反応 「笑った」がTOP(71%)
小学生がウソをついたときの相手の反応についてのアンケート(グラフ5)を見ると、「笑った」が最も高いという結果が出ました(71%)。
エイプリルフールは小学生にとって家族や友だちと楽しくコミュニケーションを深める良い機会となっているようです。

※「今ドキ小学生まとめ」(http://blog.benesse.ne.jp/sho/matome/)では、エイプリルフール特集として「小学生がエイプリルフールについたウソってどんなの?」「小学生ママに聞く!子どものウソを見抜くコツ」の記事を公開中。ぜひアクセスください。


【調査方法】
◇調査期間
 2013年4月2日(火)~2013年4月6日(土)
◇実施方法
 インターネット調査
◇調査対象
 ベネッセコーポレーションの女性向けウェブサイト「ウィメンズパーク」に登録されている保護者のお子さま(小学1年生~小学6年生 の男子600名、女子600名に保護者を通したwebアンケートを実施)


◆WEBサイト「今ドキ小学生まとめ」について
 小学生は6年間で大きく成長します。日々お子さまに接している保護者の方々は、ふとした時に感じるお子さまの成長に感動したり励まされたりすることも多いのではないでしょうか。進研ゼミ小学講座は発達段階に合わせた工夫が満載の通信教材でお子さまの6年間の成長をサポートする子育てのパートナーとして、保護者の方々と一緒にお子さまの成長を実感したいとの思いから「今ドキ小学生まとめ(http://blog.benesse.ne.jp/sho/matome/)」を開設しました。
今後も季節やイベントに合わせた様々なテーマで小学校6年間の成長・変化について考察していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング