世界のインフルエンザワクチン市場-サイズ、シェア、分析、成長、トレンド、予測2027年

PR TIMES / 2020年9月15日 8時45分

Kenneth Researchは、世界のインフルエンザワクチン市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年9月 14日 に発刊しました。レポートには、今後数年間で世界のインフルエンザワクチン市場を大きく変えると推定される将来の見通しに関する詳細な調査が含まれています。レポートはまた成長の機会と全体的な需要、市場動向、業界の主要なプレーヤーとそれらによって使用される戦略をカバーしています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/worldwide-influenza-vaccines-market-size-share-analysis-growth-trends-and-forecast-to-2027/10300435




[画像: https://prtimes.jp/i/59861/333/resize/d59861-333-909058-0.jpg ]


インフルエンザは呼吸器系のウイルス感染症であり、感染した人は「発熱、筋肉痛、鼻水、咳、うっ血、頭痛、および疲労」を患います。インフルエンザウイルスには、A、B、C、Dの四種類があります。A型およびB型インフルエンザウイルスは、毎年季節性インフルエンザの大流行の主な原因となっています。タイプAウイルスはさらに二つのサブタイプに分けられ、これらはヘマグルチニン(H)とノイラミニダーゼ(N)と呼ばれる二つのウイルス表面タンパク質の違いに基づいて命名されます。C型インフルエンザの感染は軽度の呼吸器疾患を引き起こしますが、D型インフルエンザウイルスは主に牛に影響を与え、人々に疾患を引き起こしません。

インフルエンザは急速に伝染する感染症で、感染した人の咳やくしゃみを介して広がります。Centers for Disease Control and Prevention(CDC)によると、米国では毎年、人口の平均5~20%が季節性インフルエンザウイルスに感染しており、その合併症により約36,000人が死亡しています。したがって、ワクチン接種はインフルエンザの予防のための理想的な方法として役立ちます。

様々な認可された季節性インフルエンザワクチンが市場で入手可能です。その中のいくつかは、国連の介入による購入のためにWHOによって事前認定されています。さらに、動物インフルエンザAウイルスに対する多くのワクチンが開発段階にあります。Center for Diseases Control and Prevention(CDC)によると、季節性インフルエンザウイルスは絶えず変化することが観察されており、季節性ウイルス株と戦うためのインフルエンザワクチンの改変につながります。したがって、これらの要因はインフルエンザワクチン市場のプレーヤーに毎年新しいワクチンを開発するさまざまな機会を提供すると予測されます。

U.S. Centers for Medicare&Medicaid Servicesによると、米国の2018年から2027年の間に、国民の医療費は年率5.5%で増加すると推定されています。さらに、同国のヘルスケア業界の総支出は、2027年末までに約6兆米ドルに達すると予想されています。このような要因を背景に、市場は今後数年間で大幅な成長を観察すると予測されています。

さらに、地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカに分割されます。2019年、メディケイドによる病院への支出は米国で最大5.1%増加しました。これは、2020年から2027年の間に、年率5.7%でさらに成長すると予想されています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10300435


レポートには、価値と量の両面で世界のインフルエンザワクチン市場の詳細な分析が含まれています。レポートは、世界のインフルエンザワクチン市場の現在および将来の発展への明確な洞察を提供します。このレポートでは、2013年から2019年にかけて世界中でインフルエンザワクチンを接種した子供と成人の詳細な分析についても調査し、2027年までの予測を示しています。これは、地域および国の上位21位のインフルエンザワクチン市場の収益に関する重要な洞察を提供します。

市場は、地理に基づいてさらにサブセグメント化されており、各国の市場成長が評価されます。世界のインフルエンザワクチン市場は、地理に基づいてさらに区分されます。



北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


主要企業
レポートはさらに、グローバルレベルで主要な市場プレーヤーによって採用された企業プロファイルとビジネス戦略の詳細な評価で構成されています。世界のインフルエンザワクチン市場におけるSanofi Pasteur、GlaxoSmithKline (GSK)、Seqirus (CSL Limited)、 AstraZeneca、Mylan、Gamma Vaccines Pty Ltd.、Hualan Biological Engineering Inc.、Shanghai Institute of Biological Products Co., Ltd.、BioDiem、Novavax、 BiondVax Pharmaceuticals Ltd.、Medicago、Moderna Inc、Pneumagen、Daiichi–Sankyo、Altimmune、 FluGen、Imutexなどキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング