国内初のOpenStack Swift解説書 『OpenStack Swiftによるオブジェクトストレージ入門』発刊 システム構築の実際と各種操作方法を詳細に解説

PR TIMES / 2014年3月28日 14時28分



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『OpenStack Swiftによるオブジェクトストレージ入門』(著者:山縣 陽)を発刊いたしました。

『OpenStack Swiftによるオブジェクトストレージ入門』
著者:山縣 陽
小売希望価格: 印刷書籍版 2500円(税別)/電子書籍版 1800円(税別)
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文225ページ
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
ISBN:978-4-8443-9622-2
発行:インプレスR&D
発売:インプレスコミュニケーションズ


≪発行主旨≫
クラウドOSとして有名なOpenStacには、Swiftと呼ばれるオブジェクトストレージがあり、すでに海外では商用のオブジェクトストレージサービスとして稼働実績があります。今後、企業のデータ量が増加するとともに、パブリッククラウド、プライベートクラウドともに、大量のデータを高い信頼性と低コストで扱うことのできるオブジェクトストレージを利用するケースは増加することが予想されます。本書は、こうした企業のニーズに応える、オブジェクトストレージシステムの構築手法や各種操作方法を実践的に解説しています。

≪内容紹介≫
本書では、一定のハードウェア環境を前提に、Chef Soloを用いてより簡潔な導入方法を利用し、SwiftおよびOpenStackの認証基盤であるKeystoneおよびメータリングシステムのCeilometerを組み合わせたシステムを構築します。また、Swiftの操作や運用に必要なコマンドの解説や使用事例を豊富に掲載しています。

≪目次≫
弟1章 オブジェクトストレージの概要
弟2章 OpenStackの概要
弟3章 Swiftの概要
弟4章 KeystoneとCeilometerの概要
弟5章 サーバ1台でのクラスタの構築
弟6章 クラスタの操作
弟7章 Swiftシステムの詳細
弟8章 クラスタの運用と管理

≪著者紹介≫
山縣 陽(やまがた よう)
ソフトウェアエンジニア。1996年、東京工業大学修士課程卒。日立ソフト、サイベース、SAP、ヤフー、ベンチャー企業などでソフトウェア製品の開発やサービスの開発に従事。2012年より(株)ビットアイル・ビットアイル総合研究所にてクラウドに関連した技術調査などに取り組んでいる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング