フラットベッドスキャナー“CanoScan LiDE 400”を発売

PR TIMES / 2018年8月2日 14時1分

スキャン速度の高速化を実現

キヤノンは、フラットベッドスキャナー「CanoScan(キヤノスキャン)」シリーズの新製品として、“CanoScan LiDE(ライド) 400”を2018年9月6日より発売します。



[画像: https://prtimes.jp/i/13980/334/resize/d13980-334-727720-0.jpg ]

新製品は、スキャン速度を高速化し、本体のデザインを一新したスキャナーです。薄型、軽量であるため、簡単に持ち運びができ、クラウドへワンタッチ(※1)で保存することも可能です。

■ スキャン速度を高速化し快適な操作性と高い生産性を実現
制御システムの進化により、従来機種(※2)と比べてスキャン速度を約2秒高速化(※3)し、A4カラー/300dpiの文書原稿を約8秒(※4)で高速に読み取ることが可能です。また、「5EZ(イージー)ボタン」により、PCを経由したスキャンデータのクラウドへの保存やコピー、PDFファイル作成をワンタッチでできるなど効率的な作業と快適な操作性を実現します。

■ コンパクトでスタイリッシュな新デザイン
スタイリッシュなスクエアデザインに加え、天板には高級感のあるヘアライン仕上げを新たに採用しています。本体は薄型で軽量であるため持ち運びがしやすいほか、USBバスパワーに対応しており、電源ケーブルが不要です。また、同梱のUSBケーブルがType Cになり、コネクターの向きに区別がないため、スキャナーとPCの接続が容易です。従来機と同様、同梱のスタンドを使用すれば、本体を立て置きしたままでA4サイズまでの原稿がスキャンできます。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/13980/table/334_1.jpg ]


※1 事前に保存先情報の設定が必要。
※2 CanoScan LiDE 220(2014年8月発売)
※3 カラードキュメントスキャンスピードはISO/IEC 29183 Target-Aを使用。スキャンスピードはスキャナードライバーのスキャンボタンをクリックしてから、スキャン状況を示すプログレスバーの表示が消えるまでの時間。スキャンスピードはシステム環境、使用するインターフェース、使用するソフトウエア、スキャンモード設定、原稿サイズなどにより異なります。
※4 本体に同梱の専用USBケーブルを用いて、PCのUSB3.0以上のポートに接続した場合の速度。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング