かわいい! いやされる! 動物の赤ちゃんの写真を実物大で見られる図鑑「ほんとのおおきさ」シリーズ最新刊「ほんとのおおきさ・あかちゃん動物園」発売!

PR TIMES / 2014年4月17日 14時20分



株式会社学研ホールディングス(東京・品川/社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川/社長:中村雅夫)は、大好評の実物大図鑑<ほんとのおおきさ>シリーズ最新刊『ほんとのおおきさ・あかちゃん動物園』を、4月22日に全国書店で発売いたします。

本書は、全国12カ所の動物園・水族館にご協力いただき、2010年春から2013年秋まで断続的に撮影を敢行しました。トータルでの製作期間は、なんと4年です。

人気のパンダをはじめ、トラやチンパンジーなど、21種のかわいい赤ちゃんをすべて実物大で紹介します。クロヒョウやナマケモノ、コウテイペンギンなど、めったにお目にかかれない赤ちゃんも登場。毎回、大反響のワイドページは、キリンです。赤ちゃん特有のあどけない瞳が、優しい気持ちにしてくれます。


■図鑑「ほんとのおおきさ」シリーズとは?
『ほんとのおおきさシリーズ』は、動物の顔やからだを実物大の写真で見せる大迫力の図鑑です。動物の大きさだけでなく、質感まで手にとるように感じることができます。2008年の発売以降、各メディアで取り上げられ、第1作『ほんとのおおきさ動物園』は英語版のほか9言語に翻訳されています。今回の『ほんとのおおきさ・あかちゃん動物園』はシリーズ9作目にあたります。

*学研出版サイト「ほんとのおおきさ・あかちゃん動物園」
→ http://hon.gakken.jp/book/1020364900


2009年から2012年にかけて『ほんとのおおきさ動物園』『もっと!ほんとのおおきさ動物園』『ほんとのおおきさ水族館』『ほんとのおおきさ・なかよし動物園』4作の英語翻訳版が、アメリカのペアレンツチョイス賞で全て金賞を受賞する快挙を成し遂げました。

また、2013年には、『ほんとのおおきさ動物園』『もっと!ほんとのおおきさ動物園』『ほんとのおおきさ水族館』3作のスペイン語翻訳版が、ベネズエラの非営利団体バンコ・デル・リブロが推薦する優良図書(The best book for children)に選定されました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング