ASIAN KUNG-FU GENERATIONとSTRAIGHTENERが思いを語る!「1曲でも好きな曲があれば、国を超えてつながれる」

PR TIMES / 2014年2月3日 13時28分

~「EARTH×HEART LIVE 2014」特別電話予約決定!2月17日6:00~24:00~

TOKYO FMでは、ステーションメッセージである「アースコンンシャス(地球を愛し、感じる心)、ヒューマン・コンシャス(生命を愛し、つながる心)」の理念に基づき、地球環境保全を訴えるコンサート「TOKYO FM&JFN present EARTH × HEART(アース・バイ・ハート)LIVE 2014」を、2014年4月21日(月)、東京国際フォーラムホールAで開催いたします。
25年目を迎える今年は、日本・韓国・台湾を代表する人気バンド4組の共演が実現!日本からは、ASIAN KUNG-FU GENERATION と STRAIGHTENER、韓国からはNell、台湾からはTIZZY BACを迎えて、国境を越えて音楽でつながり、アジア全体で環境問題を考えていこう、というメッセージを発信します。

これに先駆けて、ASIAN KUNG-FU GENERATION の後藤正文とSTRAIGHTENERのホリエアツシのスペシャル対談が実現!ライブにかける思いを語り合いました。 




◇国が違っても共通していることは・・・「We Love Music」
ASIAN KUNG-FU GENERATION と STRAIGHTENERは、昨年12月、「EARTH×HEART Project」と題して、韓国・シンガポール・台湾を巡るライブサーキットを行い、NellやTIZZY BACと共演を果たしています。
ホリエアツシは「Nellは北欧っぽいサウンドで透明感あるボーカルが印象的。TIZZY BACはピアノ・ベース・ドラムスという編成で、パワフルなドラムスでありながらアヴァンギャルドなサウンド」と絶賛。 
 後藤正文は「音楽でつながれることを実感した。ライブのMCは基本的に英語でやったが、シンガポールでは、人種も習慣も全く違う人たちが集まっているけど、共通していることは、音楽が大好きだということ=“We Love Music”と伝えた。1曲でも好きな曲があれば、その国に対する見方も変わってくる。それが音楽に出来ること。」とライブの手ごたえを語りました。ホリエアツシも「今は、環境問題をはじめ、1つの国の中ではおさまらない問題ばかり。特に若い人たちには、好きな音楽を通じて、相手に興味を持って、会話をしていって欲しい」と述べました。
 このアジアでのライブサーキットの熱狂は、4月21日の東京国際フォーラムのステージへとつながります。
ふたりは「NellもTIZZY BACも、日本のファンが思っている以上に音楽的に驚くところがいっぱいある。東京国際フォーラムは、日本でもトップレベルの音響なので、聴いて楽しい、見て楽しいライブになるはず!」と意気込みを語りました。
この模様は今後、TOKYO FMの特別番組として放送致します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング