~社会貢献率88%の“イマドキ女子”から、途上国の少女にエールを!~「セシール 国際ガールズ・デー キャンペーン2013」を実施

PR TIMES / 2013年9月27日 14時51分



株式会社ディノス・セシール(本社:東京都中野区)は、「セシール」で展開する途上国の女性支援のためのCSR 活動の一環として、2013 年9 月27 日(金)から10 月11 日(金)の15 日間、セシールオンラインショップ内コンテンツ「Girls cecile」掲載の商品1 点ご購入につき5 円を寄付する「セシール国際ガールズ・デーキャンペーン2013」を実施します。

「国際ガールズ・デー」とは、世界中の少女に対するあらゆる差別、不平等な制度や文化を廃絶し、彼女たちの社会的地位向上を実現するため、昨年国連が毎年10 月11 日を国際デーとして制定したものです。

セシールでは2013 年7 月より、途上国の女性支援を目的とした中間支援団体『HALF THE SKY PROJECT』の活動をサポートし、途上国の女性支援のための広報活動およびファンドレイジング活動を行ってきました。この度、当団体が一般社団法人の申請を行うにあたり、活動内容や女性の生きる権利を支援するという目的をそのままに、団体名称を『日本女子力推進事業団』(通称名:ガール・パワー・プロモーション)へ変更することとなりました。今後もセシールはこの活動を応援していく予定であり、その一環として今回、国際ガールズ・デーに向けたキャンペーンを実施します。

ガール・パワー・プロモーションが2013 年に実施した調査(※1)によれば、若者女子の88%が「社会貢献をしたことがある」と回答しており、若者の社会貢献に対する意識の高さが伺える調査結果が出ています。

この結果を受けて、今回のキャンペーンでは、セシールオンラインショップ内に展開中の20 代女子向け特集コンテンツ「Girls cecile」に掲載している全商品を対象とし、1 点お買い上げにつき5 円を寄付するプログラムを展開します。そして、世界中の女性の置かれている悲惨な現状に目を向けていただく機会を提供すると同時に、「ガール・パワー・プロモーション」への参加を促し、現代の若者の持つ“社会貢献へのニーズ”にも
対応します。

なお、集まった寄付金は、途上国の子どものための国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」に全額寄付され、アジアを中心とした途上国の少女の衛生教育などに役立てられます。

今後もセシールでは、カタログやインターネットなど、通販チャネルを利用した取り組みで、「ガール・パワー・プロモーション」を応援していきます。

【キャンペーン詳細】
■キャンペーン名 セシール国際ガールズ・デー キャンペーン2013
■実施期間 2013 年9 月27 日(金)~ 10 月11 日(金)
■実施内容 セシールオンラインショップ内「Girls cecile」( http://girls.cecile.co.jp/)に掲載する商品1 点ご購入につき、5 円を寄付
■寄付先 国際NGO・公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
(※1)ガール・パワー・プロモーションによる社会貢献女子についての調査
■調査時期 2013 年8 月3 日~ 4 日
■調査場所 鎌倉市由比ガ浜海水浴場
■調査対象 上記海水浴場に来ている若者女子109 名
■調査方法 調査票への記入方式
■調査項目 ・ボランティアまたは寄付経験の有無
・お金の使途
・普段の生活の中で一番時間をかけていること
・自分の部屋の中で最もスペースを占めているもの
・女子に生まれて良かったと思うとき

◆「セシール国際ガールズ・デー キャンペーン2013」ページ: http://www.cecile.co.jp/pi/c/girlsday/
◆ セシールオンラインショップ内「ガール・パワー・プロモーション」ページ: http://www.cecile.co.jp/pi/point/girlpower/
◆「ガール・パワー・プロモーション」公式ウェブサイト: http://girlpowerpromotion.org/
◆ 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン ウェブサイト: http://www.savechildren.or.jp/

<お客様からのお問い合わせ先>
セシール コンタクトセンター Tel:0120-70-8888(9 時~ 21 時、携帯・PHS 可)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング