写真家・松田美由紀がα7で捉える等身大の表現者たち 「FULL SIZE OF ME 等身大写真展」開催

PR TIMES / 2014年2月13日 16時41分

モデル:VERBAL、宇野薫、金子ノブアキ、鈴木杏、中島美嘉、 成海璃子、二階堂ふみ、東出昌大、満島真之介、村上淳  (敬称略・50音順)

■等身大写真展 :2014年2月15日(土)~2月23日(日)11:00~19:00
■等身大写真撮影会: 2014年2月22日(土)~2月23日(日)11:00~18:00
【会場】代官山 ヒルサイドフォーラム(渋谷区猿楽町29-18 ヒルサイドテラスF棟)
【サイト】http://www.sony.jp/ichigan/introduction/ILCE-7R/FULLSIZEOFME/



 ソニーマーケティング株式会社は、 この度、 2014年2月15日(土)~2月23日(日)に、松田美由紀がα7で捉える等身大の表現者たち「FULL SIZE OF ME 等身大写真展」を開催いたします。

 本写真展には、松田優作の妻であり、女優・プロデューサーそして写真家としても活躍中の松田美由紀さんが、世界初※1のフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ、α7を使って撮影した作品が並びます。作品には松田さんが注目する、VERBALさん、宇野薫さん、金子ノブアキさん、鈴木杏さん、中島美嘉さん、成海璃子さん、二階堂ふみさん、東出昌大さん、満島真之介さん、村上淳さんと、各界で活躍されている10人の表現者の方々にご参加いただきました。フルサイズセンサーだからこそ実現できる、10人のリアルな息遣いを感じる等身大サイズの写真が作品として展示されます。

 「カメラとは目の前にいる人の感情を引っ張りだす作業」だというカメラ観を持つ松田さん。α7による本撮影後には、「どんなに高性能でも、大きいカメラではカメラの存在感がありすぎて、撮られている相手がカメラを意識してしまう。小さくなればなるほど、リラックスした気持ちで被写体との距離を縮められる。もっと感情を引き出せる。」と感想を語っていました。写真展会期中、会場内には松田さんが撮影に使用したα7を実際に体験できるタッチアンドトライコーナーも設置しており、フルサイズ一眼カメラとして世界最小・最軽量※2の小ささ・軽さを実感いただけます。

 22日(土)と23日(日)には、同会場内にて「FULL SIZE OF ME 等身大写真撮影会」を開催。来場者をプロカメラマン・佐藤登志雄さんがα7で撮影し、本写真展のモデル同様、等身大サイズで写真を出力してお渡しする無料イベントを予定しております。 “フルサイズ”の自分と並んで記念撮影をお楽しみ頂けます。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング