1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

マイナビ“職育”ゼミナール 『MY FUTURE CAMPUS』を開催

PR TIMES / 2013年3月1日 11時29分



職業人から社会や仕事を学べる新しいキャリア育成プログラム(高校生・大学1、2年生対象)
3月23日(土) 10:30~17:00 <東京・竹橋 パレスサイドビル(2Fマイナビルーム)>にて開催


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、高校生と就職活動開始前の大学1、2年生を対象にした社会や仕事を学べる新しいプログラム、マイナビ“職育(しょくいく)”ゼミナール『MY FUTURE CAMPUS(マイ フューチャー キャンパス)』を3月23日(土)に東京・竹橋のパレスサイドビル2Fマイナビルームで開催します。

今回、当社が新しく始める『MY FUTURE CAMPUS』は、“職育”(職業観育成)を目的とした授業形式の新しいキャリア育成プログラムです。高校生と就職活動開始前の大学1、2年生が同じ空間で社会人から社会の仕組みや仕事を学ぶと共に、お互いが意見交換をする事で、自分自身で将来をイメージし、進学や就職といった自分なりの進路を考える、さらに学生と職業人・企業人が垣根を越えて議論できる場です。

グローバル化とITインフラの普及によって社会の産業構造は抜本的に変化しており、企業も激変する環境に対応すべく、ビジネスモデルや組織の構造改革を急いでいます。こうした環境の中で、企業が今求めている人材は、先行きの見えない状況の中でビジネスのニーズなどを探り、あらゆる方法でアイデアを具現化していける人材です。しかし、現在の日本の若者はインプットする力やマニュアルに従う力はあっても、上記のような能力や考えを持った学生は少ないことから企業とのミスマッチが起き、結果的に若者の就職難に繋がっています。

キャリア教育とは「一人ひとりの社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てる事を通して、キャリア発達を促す教育」(2011年1月、中央教育審議会※「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)より)であり、一朝一夕で身に付くものではありません。今回は1Dayプログラムですが、2013年5月からは複数の日程を組み、長期のプログラムとして実施する予定です。 
※中央教育審議会は、文部科学省に設置された文部科学大臣の諮問機関

当社では長期的、持続的に社会・仕事を学びながら参加・体感できる環境を整える事で、キャリア教育の発展に寄与したいと考えています。


マイナビ“職育”ゼミナール『MY FUTURE CAMPUS』 開催概要
【日時】 3月23日(土) 10:30 ~ 17:00(入場無料、退場自由・再入場可能)
【会場】 東京・竹橋 パレスサイドビル2Fマイナビルーム(住所:東京都千代田区一ツ橋1-1-1 東コア)
【対象】 高校生(何年生でも参加可能)及び大学1、2年生
【参加生徒・学生数】 500人(見込み)     
【詳細URL】 http://www.ld-school.com
【イベントの特徴】
テーマが設定された複数の会場で各企業が授業を開講。参加者は好きな授業を聴く事ができ、フリートークスペースでは社会人と、ライフスタイルや人生について参加者と近い距離で対話ができる。高校生向けには現役大学生が学生生活や進路選択についてプレゼンテーションをする会場も用意。
※本イベントはすべて予約制で、すでに満席の状態です
【参画企業・団体】
アクセンチュア/アステラス製薬/エイチ・アイ・エス/小学館/ソニー生命保険/ホリ・エージェンシー 他


------------------

本件に関するお問い合わせ先
株式会社マイナビ
教育広報事業部 キャリアデザイン推進課
TEL. 03-6267-4161 FAX. 03-6267-4418
e-mail:l-cd @ mynavi.jp

------------------


------------------

当社に関するお問い合わせ先
株式会社マイナビ
社長室 広報部 
TEL.03-6267-4155 FAX.03-6267-4050
e-mail:koho@ mynavi.jp

------------------

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください