ウェアラブルコンピューティング時代を切り拓く 『位置情報ビッグデータ』発刊 村井 純教授(慶応大学)、柴崎 亮介教授(東京大学)推薦の書

PR TIMES / 2014年4月2日 10時16分



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『位置情報ビッグデータ』(著者:神武 直彦/関 治之/中島 円/古橋 大地/片岡 義明)を発刊いたしました。

『位置情報ビッグデータ』

著者:神武 直彦/関 治之/中島 円/古橋 大地/片岡 義明
小売希望価格: 印刷書籍版 2400円(税抜)/電子書籍版 1800円(税抜)
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文208ページ
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
ISBN:978-4-8443-9621-5
発行:インプレスR&D
発売:インプレスコミュニケーションズ

≪発行主旨≫
人工衛星を中核とした宇宙測位システムが発展し、携帯電話をはじめとした広帯域の地上ネットワークも整備された現在、多様なセンサーと連動して、人やモノの位置に関するデータを取得し、迅速に解析できる環境が整いつつあります。本書ではこれを「位置情報ビッグデータ」と名付け、その可能性と新サービス創出のための知識を提供しています。

≪内容紹介≫
第1章では、位置情報ビッグデータが活用されることで発展する分野を、事例を交えて解説しています。第2章では、関連ビジネスの市場規模の紹介。第3章では、位置情報サービスの要素技術について解説し、アプリケーションを開発するためにどのような技術の組み合わせが可能かをジャンルごとに学ぶことができます。また、第4章では、GPS機器の過去から現在までの潮流を振り返るとともに、メガネ型デバイスをはじめとするウェアラブルな位置情報デバイスについて、注目商品を紹介しています。
第5章では、位置情報活用サービスへの参入課題や注意点として、プライバシー問題やライセンスの現状に焦点を当てました。第6章では、新に台頭するプラットフォームや測位技術、最新サービスの動向から未来のサービス、社会システム、業界の方向を展望します。さらに業界キーパーソンのインタビューや、エポックとなった出来事を振り返る年表も付録として収録し多角的な視点で位置情報ビッグデータの動向を捉えることができます。
革新的なサービスの企画・開発に携わる方はもちろんのこと、未来のビジネスや社会システムに関心のあるすべての方にお読みいただける一冊です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング