映像制作のプロも唸る機能進化を遂げたアクションカム ソニーアクションカム最上位機種 『HDR-AS100V』 3月14日(金)新発売 

PR TIMES / 2014年2月19日 16時30分

スノーボード、モーターバイクなどのアクティブシーンもブレのない高精細画質で、プロのような映像クオリティを実現!

ソニーは、カメラ本体を身体やヘルメット、自転車などに取り付けて、アクティブなスポーツシーンやアウトドアでも迫力ある体感映像を撮影できるデジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム『HDR-AS100V』を3月14日(金)に発売します。
本体防滴による使用シーンの広がりや手ブレ補正機能の更なる強化による高画質性能など、プロの映像制作現場のニーズにも対応した機能を搭載。高度なアクティブシーンでも、滑らかで美しい映像撮影が可能です。

パーソナルユースから放送現場まで利用シーンが広がるウェアラブルカメラ市場。
業務用カメラの領域において定評があるソニーの技術力を集結した同商品は、幅広いシーンでプロのような映像クオリティを実現します。



■本体防滴により使用シーン拡大!迫力あるシーンも思う存分堪能!!
HDR-AS100Vは新たに本体防滴※1に対応。スノーボードやスキーなどの多湿環境や気温差の激しい環境でもレンズの曇り軽減が期待でき、撮り直しのきかない瞬間や迫力あるシーンもしっかりクリアな映像で捉えることが可能。雨天時にも安心してお使いいただけます。また、多くのシーンではウォータープルーフケースが不要のため、ウェアラブル性能も大幅にアップ!使用時の小型軽量化を実現し、長時間の使用でもストレスなく装着できます。
※1 IPX4相当の防滴性能

■基幹デバイス刷新・手ブレ補正機能強化で
 今まで以上にブレの少ない滑らかな映像クオリティを実現!
手ブレ補正の効いた映像でも、アクティブシーンではどうしても細かな振動が残り、見ていてストレスを感じることも。同商品は手ブレ補正機能をさらに強化し、砂利道を走る際のブレだけでなくモーターエンジンなどからくる高周波ノイズにも対応。通常の手ブレ補正だけではカバーしきれなかったモーターバイクや車、エクストリームスポーツなどの激しいアクティブシーンの撮影も、ブレの少ない安定した映像クオリティを実現。プロが撮影したような映像を楽しむことができます。また、CMOSセンサーやレンズ、画像処理エンジンなどの基幹デバイスを刷新。より高精細・高画質な映像表現が可能になりました。

■映像制作のプロのニーズ、高度な編集にも対応。マルチカメラ撮影も手軽に!
映像制作のプロも納得の便利な機能が充実! HD 50Mbpsのハイビットレート撮影を可能にする記録方式XAVC S※2に対応し、編集後の映像も高画質維持が可能。また、編集作業を容易にするタイムコードに対応。AS100VRでは付属、AS100Vでは
別売の「ライブビューリモコン」を使えばWi-Fi通信で最大5台までの同時接続および一括操作が可能になるなど、業務用途としてもより使いやすいモデルとなりました。さらに、カラー設定は鮮やかな色合いで撮影できる「ビビット」に加え、今回新たに自然な色合いで撮影できる「ニュートラル」に対応。画質、撮影、カメラワーク、編集の全てにおいて、プロも唸る充実した機能が満載です。※2 XAVC S記録時はマイクロSDXCメモリーカード(Class10)が必要です

【商品概要】
◇型名◇
デジタルHDビデオカメラレコーダーアクションカム
・『HDR-AS100V』アクションカム単体
・『HDR-AS100VR』ライブビューリモコンキット
※ライブビューリモコン『RM-LVR1』は既発売。メーカー希望小売価格15,750円(税込)。

◇発売日◇3月14日(金)
◇価格◇オープン価格


【商品特徴】
<本体防滴&付属三脚アダプター>
JIS IPX4相当の防滴性能により、付属のウォータープルーフケース(SPK-AS2)を装着することなく本体のみで使用可能。また、新たに付属される三脚アダプターを使えば、様々なアクセサリーに直接取り付けられる為、より軽量でコンパクトに装着できます。付属ウォータープルーフケース装着時は5m防水、1.5m耐衝撃、防塵、-10°耐低温のタフ性能。

<高画質・高性能を実現する最新デバイス採用>
バイクなどの細かい振動に対して補正範囲を強化。手ブレ補正効果は従来比2.5倍と大幅進化しています。さらに、有効約1350万画素の裏面照射型 Exmor R CMOSセンサーと、高速処理や圧倒的な高画質を実現する新世代の画像処理エンジンBIONZ X、そして本機に合わせた新開発ZEISSテッサーレンズを搭載し高精細な高画質撮影が可能になりました。

<プロも唸る!本格編集も可能な充実機能>
HD 50Mbpsのハイビットレート撮影が可能な記録方式XAVC S※2にも対応しており、映像プロフェッショナルも活用できるクオリティを実現。また、自然な色合いで編集しやすいカラー(「ニュートラル」モード)の設定も新たに可能になりました。時・分・秒・フレームの情報を映像データ上に記録し高度な映像編集をサポートするタイムコード表示にも対応。プロの方にもご満足いただける、高度な映像制作機能が充実しています。
*Play Memories Homeとの連携により、さらに映像表現が広がります。
※2 XAVC S記録時はマイクロSDXCメモリーカード(Class10)が必要です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング