伝統ある「全国小・中学校作文コンクール」(主催:読売新聞社)に 初めて電子書店が協賛社として参加!! 「イーブックジャパン賞」の新設と作品集を電子書籍化

PR TIMES / 2014年5月31日 10時6分



国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、主催者である読売新聞社と契約して全国小・中学校作文コンクールに協賛社として参加することとなりました。

全国小・中学校作文コンクールは1951年に始まり、2014年に64回目を迎える歴史ある作文コンクールで、今年から「イーブックジャパン賞」を新設すると同時に、各都道府県および中央の審査によって選ばれた優秀作品を収録した電子書籍を制作、リリースしていくことを計画しております。

【協賛の主な内容】
1. 「イーブックジャパン賞」を新設。小学校低学年・高学年・中学校の3部門で賞を創設、表彰します
2. 小学校低学年編、小学校高学年編、中学校編別に優秀作品を初電子書籍化
3. 過去の著名受賞者のインタビュー記事等を販売サイトへ独占掲載予定

本コンクールは5月31日より募集告知を開始、応募締め切りは9月19日、12月上旬に受賞者発表の予定です。

【全国小・中学校作文コンクールの概要】
・創設:1951年
・主催:読売新聞社 後援:文部科学省、各都道府県教育委員会
・協賛:イーブックイニシアティブジャパン、JR東日本、JR東海、JR西日本
・協力:三菱鉛筆、ベネフィット・ワン
・対象:国内外の小・中学校に在学する児童生徒
・スケジュール:6月上旬~9月19日にかけて募集、10月中旬までに各都道府県審査、11月中旬までに中央最終審査を経て、12月上旬に受賞者を発表。
・表彰式:2014年12月上旬予定
・部門・賞:小学校低学年・高学年・中学校の3部門
「文部科学大臣賞」「読売新聞社賞」「イーブックジャパン賞」「JR賞」


【優秀作品の電子書籍化概要】
・「文部科学大臣賞」「読売新聞社賞」「JR賞」「イーブックジャパン賞」の各賞と入選作合わせて30作品の「作文優秀作品集」を電子書籍として独占リリース。昨年までは、紙の書籍版のみでしたが、今年は電子書籍版も制作します。
・都道府県で選ばれた141作品を「全国小・中学校作文コンクール 最終選考作品集」として、小学校低学年編、小学校高学年編、中学校編別に合計3冊を電子書籍として独占リリース。昨年までは書籍として収録していませんでした。
・上記、合計4冊の電子書籍は、2015年3月までにリリースする予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング