1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【Anker】一般的なポータブル電源に比べて約6倍の長寿命バッテリーを搭載 「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」を販売開始!

PR TIMES / 2021年12月7日 11時15分

シリーズで初めてリン酸鉄リチウムイオン電池をバッテリーセルに採用し長寿命化を実現した「Anker 521 Portable Power Station (PowerHouse 256Wh)」を2021年12月7日より販売開始。コンパクトサイズのためアウトドアなどの普段使いから災害への備えとしても活躍し、初めてのポータブル電源に最適なバランスモデルです。



2011年の創業当初より先駆的にD2Cを採用し、米国・日本・欧州を中心にデジタル関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:猿渡歩)は、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」において、ポータブル電源「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」を2021年12月7日(火)よりAnker Japan公式サイト(製品ページ: https://www.ankerjapan.com/products/a1720)、総合オンラインストアAmazon.co.jp(製品ページ: https://www.amazon.co.jp/dp/B09B21M56M)、楽天市場(製品ページ: https://item.rakuten.co.jp/anker/a1720/)(※)および一部家電量販店等にて販売開始致します。

「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」の最大の特徴は【電池寿命の長さ】です。バッテリー使用による経年劣化が少ない「リン酸鉄リチウムイオン電池」を、シリーズで初めてバッテリーセルに採用。「普段使いしながらも、災害時などいざという時の備えとして長期間置いておける製品がほしい」というお客様からの声を受け、3,000回使用後も初期容量の80%以上の維持ができる、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命バッテリーを搭載致しました。また、先端ICを備え、バッテリーセルの監視と安全制御を行うバッテリーマネジメントシステムを搭載しているため長期間安心してご使用いただけます。2つのACポートやUSB Power Deliveryに対応したUSB-Cポートを含む計6つのポートを備え、スマートフォン・ノートPCから電気毛布などの小型家電まで、これ一台で最大6つの機器に合計398W出力で同時充電 / 給電することができます。女性や高齢の方でも片手で持ち運びしやすい軽量かつコンパクトサイズを実現しながら、iPhone 13を約18回充電可能な256Whの容量を兼ね備えたバランスモデルです。初めてのポータブル電源をお探しの方や、単身世帯や収納スペースに不安のある方にも最適な製品です。

利便性も追求し、本体に接続しながらも使用していない機器を検知すると自動で出力がオフになる「省電力モード」を本製品から新たに搭載し、不要なバッテリー消費を防ぎます。また、ランタンやSOS用フラッシュとして使用可能なLEDライトも本体前面に設置。同じく前面のディスプレイでは、本体が満充電になるまでの推定時間や電力供給が可能な残り時間を確認することができます。さらに、別売りの高出力ソーラーチャージャー「Anker PowerSolar 3-Port 100W」と合わせてご使用いただくことも可能で、災害時など電源に全くアクセスができない環境でも、太陽光から電力を生み出し本製品に蓄えることができます。


[画像1: https://prtimes.jp/i/16775/338/resize/d16775-338-464046d4dc097bdcc519-0.jpg ]

※ 楽天市場では同日より予約販売となります。



Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh) | 長寿命なポータブル電源


[画像2: https://prtimes.jp/i/16775/338/resize/d16775-338-2dd7c817b9261afb2023-1.jpg ]


製品の特徴
- 長寿命バッテリー:安全性の高さと電池寿命の長さが特徴のリン酸鉄リチウムイオン電池を採用し、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命バッテリーを実現。3,000回使用後も初期容量の80%以上を維持することができます。さらに製品構造の観点でも耐久性を高め、前面と背面への強化パネルの採用や本体の8つの角およびバッテリーパックの強化により安心して長期間使用可能です。

- 高い安全性:入出力の過電圧保護や過充電 / 過放電保護、過熱保護(NTC方式)、低温保護などの安全機能やバッテリーマネジメントシステムを搭載しており、安心してお使いいただけます。

- 最大6台に同時充電 / 給電が可能:片手で持ち運びやすいコンパクト設計ながらiPhone 13を約18回充電可能な256Whの容量を備えています。2つの純正弦波ACコンセントやUSB PD対応USB-Cポートを含む計6つのポートを搭載し、ノートPCやタブレット端末、スマートフォンや、電気毛布などの小型家電を含む幅広い機器に最大6台同時充電 / 給電することができます。

- 防災用の長期保管にも最適:低い自然放電率に加え、本製品より新たな機能として省電力モードを搭載。本体に接続しながらも使用していない機器を検知すると自動で出力がオフになり、不要なバッテリー消費を未然に防ぎます(カメラなど低電力機器を充電する場合は省電力モードをオフにしてご利用ください)。

- 残り時間がわかるディスプレイ:本体前面に大きな液晶画面を搭載し、充電 / 給電可能な残り時間や、本体が満充電になるまでの推定時間など、様々な情報をわかりやすく表示。電力供給可能な残り時間が分かるので、計画的な利用が可能となります。

- ソーラーチャージャーに対応:本体への充電は付属のACアダプタ以外に、別売りの高出力ソーラーチャージャー「Anker PowerSolar 3-Port 100W」も使用可能。全く電源のない環境でも太陽光で生み出した電力を蓄電することができ、災害時にも安心感を得ることができます(ソーラーチャージャーからの最大の入力値は65W)。

製品の仕様

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/16775/table/338_1_f5b35289e9fc26b7dadf75c2cde72472.jpg ]


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/16775/table/338_2_334bd53127dac030c6b1a6777d94f039.jpg ]



販売価格
- 税込 24,800円





企業情報 | Ankerグループおよびアンカー・ジャパンについて

Ankerグループは「Empowering Smarter Lives」をミッションに、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」、オーディオブランド「Soundcore」、スマートホームブランド「Eufy」、スマートプロジェクターブランド「Nebula」等を米国・日本・欧州を中心とした世界100ヶ国以上で展開するハードウェアメーカーです。2011年の創業時より、時代に先駆けてD2C (Direct to Consumer) モデルを採用すると共に、お客様の声に基づいてスピーディーに製品の開発・改善を行うソフトウェア的発想のものづくりを実践し、安心のサービスと納得の価格で高品質のスマートデバイス周辺機器を提案し続けています。2020年8月には、グループ本社のAnker Innovationsが上場を果たしました。


アンカー・ジャパン株式会社(概要)
本社: 〒101-0063東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー9階
代表者: 代表取締役CEO 猿渡歩
設立: 2013年1月
資本金: 1億6,000万円
TEL: 03-4455-7823(アンカー・ジャパン カスタマーサポート)
事業内容: デジタル製品の開発・製造・販売(Ankerグループの日本法人)
公式サイト: https://www.ankerjapan.com

知的財産権について
- Anker、Soundcore、Eufy、Nebula、Anker PowerHouseおよびPowerSolarは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。
- その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください