世界中から注目を集める街「原宿」の新・情報発信メディア『HARAJUKU PRESS(原宿プレス)』

PR TIMES / 2013年3月4日 11時37分

【WEB×アプリ×フリーマガジン×ガイドブック】のクロスメディア展開で3月14日(木)より開始】

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区)は、日本のポップカルチャーの発信地として国内外を問わず大きな注目を集める街“原宿”の観光スポットやショップ、ファッション、カルチャーなど様々な情報を提供する、“原宿”情報発信メディア『HARAJUKU PRESS(原宿プレス)』を、【WEB×アプリ×フリーマガジン×ガイドブック(ムック)】のクロスメディア展開で新たにスタートします。



3月14日(木)に、原宿エリアの総合ポータルサイト『HARAJUKU PRESS ONLINE』をプレオープン。同時にフリーマガジン『HARAJUKU PRESS FREE』の配布を開始すると共に、全国の書店および海外(アメリカ、フランス、中国、台湾、韓国など)の一部書店にて、原宿パーフェクトガイドブック『HARAJUKU PRESS』(マイナビムック)を発売します。また、スマホ版原宿街歩きアプリ『HARAJUKU PRESS NAVI』はAndroid版を3月上旬に先行リリース、iOS版を3月中旬以降にリリース予定です。

原宿に関心の高い海外からの観光客にも対応できるよう、ガイドブック(ムック)とフリーマガジンは日本語・英語の2カ国語表記です。今後は、WEBサイトの英語対応および、英語以外の言語対応(中国語・韓国語・仏語など)も検討予定です。


《『HARAJUKU PRESS(原宿プレス)』スタートの理由》
今、日本のストリートファッションやポップカルチャーは世界中から注目を集めており、「KAWAII(カワイイ)」はもはや世界共通語となっています。これら日本文化の発信基地の代表である「原宿」は、単なる地名ではなくいまや「KAWAII」の代名詞となり、日々、国内外から多くの観光客が原宿の街へ詰め掛けています。そのため、観光ス
ポットやショップ、イベントなどの最新情報が求められています。

当社では、2011年3月より日本最大級の読者参加型ティーンズクロスメディア「JOL(ジョル)」を運営し、昨年2012年4月には、原宿・竹下通りに読者の活動拠点および情報発信場所であるエンターテインメントフードコート「ドリーム*ステーション JOL原宿」をオープン。ティーンの個性とパワーが集まる街である「原宿」に注目してきました。今回、『HARAJUKU PRESS』をスタートさせることで、WEBサイト、アプリ、フリーマガジン、ガイドブック(ムック)、それぞれの特性を生かしながら、原宿の観光客に向け観光スポットやショップ、イベント情報を提供します。合わせて、原宿カルチャー、ひいては日本のティーンカルチャー・ポップカルチャー情報を広く発信して参ります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング