【フジテレビ】『3.11 忘れない ~FNN東日本大震災アーカイブ~』 国立国会図書館・総務省との連携開始 3月7日(木)より

PR TIMES / 2013年3月5日 11時25分

==============================================
すべての人々が共有すべき貴重な映像資産を提供するアーカイブサイト
『3.11 忘れない ~FNN東日本大震災アーカイブ~』
国立国会図書館・総務省との連携開始
3月7日(木)より
http://www.fnn-news.com/311 (FNNニュースサイト)
http://www.youtube.com/user/FNN311 (「YouTube」FNN公式チャンネル)
==============================================



 株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:豊田 皓、以下フジテレビ)、
及びFNN(フジニュースネットワーク※)は、両者が運営する東日本大震災に関する動画アーカイブサイト
『3.11 忘れない ~FNN東日本大震災アーカイブ~』(Remembering 3/11 -FNN Great East Japan Earthquake Archive-)と、
国立国会図書館(本館:東京都千代田区、館長:大滝則忠)及び総務省(本省:東京都千代田区、大臣:新藤義孝)が
公開する「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」が、3月7日(木)より連携開始することを発表いたします。


 『3.11 忘れない ~FNN東日本大震災アーカイブ~』は、世界中に大きな衝撃を与えた
東日本大震災の記憶を風化させることなく、永く後世に伝え、今後のさまざまな復興支援や
防災・減災などの意識を高め、有効に役立てていただくことを目的として、昨年9月1日より提供開始いたしました。
通常のニュースクリップとは異なる収録素材のオリジナルカット版を配信し、過去に放送されていないシーンを含み、
映像尺の長短を問わず、記録された当時の状況をできるだけそのまま伝えるようにしていることなどが
利用者の好評を得ています。また「英語版ページ」や、全世界54言語に対応した翻訳機能が使える
「字幕サービス」の充実などにより国外からの反響も得ており、ここまで国内外合わせ、
サイト上の動画再生回数(累計)は250万回を突破しています(2013年3月4日現在)。


 今回の国立国会図書館・総務省との連携は、FNNが国立国会図書館・総務省からの呼びかけに応じ、
FNNの東日本大震災アーカイブで使用しているメタデータ(撮影場所や時間、現象など詳細な説明を含む
動画コンテンツに関する情報記述)を、「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」に
継続的に提供していくというものです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング