中期環境行動計画「エンドレス グリーン プログラム 2015」を策定(ニュースレター)

PR TIMES / 2013年11月27日 18時19分

■「環境と企業収益の両立」を目指す

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)および大和ハウスグループ各社は、今後3ヵ年(2013~2015年度)の中期環境行動計画「エンドレス グリーン プログラム 2015」を策定しました。

 当社グループは、2011年、住宅や建築物のライフサイクルにおける「環境負荷ゼロ」に挑戦する「環境中長期ビジョン2020」を策定し、グループ一丸となって取り組みを進めています。
 今回策定した「エンドレス グリーン プログラム 2015」では、住宅・建築、街づくりでの環境配慮など、事業戦略と一体化して推進する戦略的環境活動を重視し、新たに具体的な目標を設定して取り組みを加速させます。また、地球温暖化防止や生物多様性保全など、社会的責任を果たす基本的環境活動にも継続して取り組み、「環境と企業収益の両立」を目指します。
 さらに、環境経営の対象範囲を海外、取引先に拡大するとともに、全従業員の環境経営への参画意識の向上を図るなど、環境経営の基盤強化にも取り組みます。



■「エンドレス グリーン プログラム 2015」の基本方針と重点テーマ

1.事業戦略と一体化して推進する戦略的環境活動

(1)住宅・建築、街づくりでの「スマート&エコ」の推進

1.スマートシティへの取り組みを全国で加速

 分譲戸建住宅を中心に、街区全体でエネルギーの効率利用を実現するスマートシティの開発を全国で推進していきます。

 また、事業横断、グループ連携による先導的な複合型街づくりを通じて省CO2先導プロジェクトの創出を目指します。


2.スマートハウス・スマートビルの普及を拡大

 パッシブデザイン(※1)、省エネ、創エネ、蓄エネ、エネルギーマネジメントをコンセプトに、全ての事業でスマートハウス・スマートビルの開発・普及に取り組み、同仕様の住宅・建築物の採用比率を50%以上(※2)に拡大します。

※1.自然エネルギーを最大限利用した建築デザインのこと。 

※2.加重平均(売上高あたりの平均採用率)、12年度は37.8%。


(2)コア事業と連携した環境関連ビジネスの拡大

1.環境貢献型事業のさらなる成長

 低炭素社会、循環型社会、自然共生社会への対応を成長分野と位置づけ、環境エネルギー事業、住宅ストック事業、リース事業、環境緑化事業など、社会的課題に対応する環境貢献型事業のさらなる成長を図り、同事業の売上高を2012年度1,578億円から1.3倍以上となる2,100億円まで拡大させます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング