【共同プレスリリース】ユニセフ・WHO イラク・ポリオ予防接種キャンペーン終了 

PR TIMES / 2014年9月3日 14時54分

戦闘が続く中、375万人の子どもへ接種



※本信は ユニセフ本部の情報を、日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_75522.html でご覧いただけます


【2014年9月1日 エルビル(イラク)/アンマン(ヨルダン)発】

イラク国内各地で戦闘が続く中、大規模なポリオ予防接種キャンペーンが終了。
同国の5歳未満の子ども400万人のうち、375万人がポリオの予防接種を受けました。

ユニセフとWHO(世界保健機関)の支援を受け、イラク保健省は、8月10日~14日の
5日間にわたり、ポリオ予防接種キャンペーンを実施。本キャンペーンは、今年はじめに
イラクで根絶されていたポリオウイルスが確認されたことへの対応の一環です。
キャンペーン期間中も、国内で避難をする子どもたちの数は増え続けましたが、
クルド自治区だけでも、およそ6万5,000人の避難中の子どもたちがポリオ予防接種を
受けられました。


ユニセフ・イラク事務所代表のマルツィオ・バビルは「本キャンペーンで多くの
子どもたちが予防接種を受けられたことを、とてもうれしく思います。予防接種は、
時に非常に厳しい環境下で行わざるを得ません。今回、これだけの子どもたちへの
予防接種を可能とした保健チームの活躍に、心より敬意を表します」と述べました。

本キャンペーンは、イラクの12の州にある14の保健行政区の子どもたちを対象に
していました。イラク国内では、今年初めから180万人近くが国内で避難生活を
送っており、その半数を占めるのは子どもたちです。このため、予防接種の実施は
極めて困難でしたが、保健当局が備蓄していたワクチンや医療品を使い、今回、
375万人もの子どもたちへ予防接種が実現しました。

WHOイラク事務所のシド・ジャファル・フセイン代表は「紛争が相次いで起きている
国で、ポリオ予防接種キャンペーンを成功させたことは、人道支援を実現することは
可能であるとの希望を広めてくれます」と述べました。

これまで14年にわたってポリオの感染が確認されていなかったイラク。しかし、
今年2月と4月に計2件の感染が確認されました。その原因には、スラムや紛争地域
へのアクセスが困難なことから、予防接種を受けられない子どもたちの数が比較的
多いことが挙げられます。ポリオは手足に生涯にわたる麻痺をもたらします。
専門家は、現在のイラクは、ポリオ感染が広がる恐れがあると警鐘を鳴らしています。


■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
Jeffrey Bates, ユニセフ・イラク事務所 広報チーフ, jbates@unicef.org,
+964 780 196 4524
Juliette Touma, ユニセフ・中東・北アフリカ地域事務所 広報官(イラク出張中),
Tel: +964-780-9-288-265, jtouma@unicef.org
Ajyal Al-Sultany, WHO イラク事務所, Tel: +964 7809 269 506, sultanya@who.int


■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング