-ハンディカムで残す、生後1000日間のプレシャスモーメント- 「きみとの1000日を、ずっと。」キャンペーン 本日4月8日(火)よりスタート

PR TIMES / 2014年4月8日 15時54分

我が子を愛する父が残し続けた、生後1000日間を描いたスペシャルサイトを公開

ソニーマーケティング株式会社は、このたび高画質・多彩な撮影機能を搭載したデジタルビデオカメラ ハンディカム(TM)のプロモーションの一環として、「きみとの1000日を、ずっと。」キャンペーンを展開いたします。




赤ちゃんは生まれてからの1000日間で、みるみるうちに子どもへと大きく成長します。ソニーは、この生後1000日間という我が子と過ごす愛おしい日々・二度と戻らないプレシャスモーメントに着目し、これを動画で残す価値をご提案いたします。本キャンペーンでは、日常の中に潜むふとした表情や昨日までは見せなかった成長を感じさせる場面を、動画で残していくための、様々なプロモーションを展開してまいります。

本日のキャンペーン始動に伴い公開されたスペシャルサイトでは、長いようであっという間のかけがえのない日々を、動画できれいに残していく価値が実感できる、2種類のWEBムービーをご用意しております。
子どもの成長を追い続けた、温かな愛情溢れる映像を、是非ご覧ください。

■「きみとの1000日を、ずっと。」特設キャンペーンサイトのご紹介
<「きみとの1000日」篇>
本日より公開となる「きみとの1000日を、ずっと。」特設サイトでは、生後1000日間という長いようで短い、二度と戻らないかけがえのない日々を描いたWEBムービーをご覧いただけます。
初めて息子を持つ父親が、成長していく子どもの日々をハンディカムで残していく様子を描いており、「この世界に生まれてきた日」「1歳の誕生日」「初めて自分の足で立った瞬間」といったシーンを、その表情まで美しく映し出しています。生後1000日間という時間の短さ・貴重さを改めて感じることができる、愛情や優しさがたっぷり詰まったムービーです。

<「時をこえる思い出」篇>
同時に、愛くるしい孫の姿を4K高画質ハンディカムで追い続ける祖父を描いたムービーも公開中です。成長していく孫の姿をかつての我が子と重ね合わせながら、そのかけがえのない日々を最高のかたちで残していく。祖父ならではの、孫の思い出の残し方を描いたムービーです。

■コラム:
「The First 1000 days」 ~生後1000日という二度と戻らないプレシャスな瞬間を祝う~

【佐藤 めぐみ(育児コンサルタント)】
子育て心理の専門家&プラス思考育児.JP主宰
現在はフランス・パリを基点に活動中。
著書に『子育て心理学のプロが教える 輝くママの習慣(あさ出版)』
『叱るときのイライラがなくなる!佐藤めぐみのポジカリメソッド』(All About Books)」など。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング