戦略 PR とソーシャルメディアで世の中を動かす! ムーヴメントを生み出す! 最新の《世界標準》音楽マーケティング本が発売

PR TIMES / 2014年4月10日 12時40分



インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、2014年4月18日に書籍『始まりを告げる《世界標準》音楽マーケティング 戦略PRとソーシャルメディアでムーヴメントを生み出す新しい方法』を発売します。
近年、日本の音楽業界でもソーシャルメディアの重要性は認知され、マーケティングとしてどう活かすかといった状況になりつつあります。しかし世界では戦略PRとソーシャルメディアを組み合わせて、世の中を動かす、ムーヴメントを起こす音楽マーケティングが始まっています。本書ではダフト・パンクを始め、ビヨンセ、ワン・ダイレクションやサカナクション、ONE OK ROCK、きゃりーぱみゅぱみゅといった国内外のアーティストのマーケティングを分析するだけでなく、SpotifyやEDM、新しい音楽の指標やアワードの構築など、音楽を取り巻く壮大なテーマで、これから新時代を迎える音楽マーケティングのフェーズに対して、新しい方法論を説いています。音楽業界だけでなく、音楽を活用したいと考えるあらゆる業界のマーケティングにも活用できる誰も書けない音楽マーケティングの新しい未来が、そこにあります。

CONTENTS
□第一章 「世の中を動かすルール」の変化
01:新しい世の中の動かし方/02:ブリットポップを検証する/03:ムーヴメントの特性と条件/04:日本中へ進撃する『進撃の巨人』ムーヴメント/05:『水曜どうでしょう』が巻き起こしたうねり/06:日本の朝を変えた『あまちゃん』/07:ムーヴメントの萌芽を生み出すキーパーソン

□第二章 戦略PRと音楽
01:エンターテインメントはニュースになりやすい/02:戦略PR概論(特別対談:本田哲也×高野修平)/03:音楽で戦略PRを実行する方法

□第三章 ソーシャルメディアと音楽
01:ソーシャルメディアを整理する/02:音楽とfacebookの関係について考える/03:ソーシャルメディアと音楽の融合/04:『トライブ』と『クワトログラフ』/05:音楽において重要な【共有】【共感】【共鳴】

□第四章 音楽で世の中を動かす方法
01:生活者は音楽に興味がなくなった?/02:エヴァンジェリストと戦略PR/03:ファン以外にも広げる武器としての『ソーシャルトピック』/04:今までのムーヴメントとこれからのムーヴメント/05:『エクスパンデッドユニバース』がムーヴメントを生み出す/06:音楽を取り巻く新しい環境の構築/07:音楽サービスの「仲間ゴト化」と「世の中ゴト化」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング