トランスコスモス、ヒューマンビートボクサーDaichi監修アプリ 「Daichi presents Human Beat Box Lesson」のWindows ストア版をリリース

PR TIMES / 2015年1月6日 11時32分

3OS、マルチデバイス展開でより多くのヒューマンビートボクサーへ、多彩なデバイスで使えるアプリに



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、株式会社ワタナベエンターテインメント(以下、ワタナベエンターテインメント)と共同で、ワタナベエンターテインメントに所属し、国内外で広く活躍するヒューマンビートボクサーDaichi監修のWindows 8.1端末向けのアプリ「Daichi presents Human Beat Box Lesson」(ダイチプレゼンツヒューマンビートボックスレッスン、以下、HBB Lesson)を開発し、配信を開始しました。


ヒューマンビートボックスとは、楽器を一切使わず自分の口から出る音だけで音楽を奏でるパフォーマンスです。ドラムの音だけを表現するボイスパーカッション(ドラム)に加え、スクラッチ、ベース、クラップ、ノイズなど、さまざまな音を織り交ぜ音楽を完成させます。ヒップホップ文化の黎明期から生まれたスキルで、ダンスバトルのように技を競いあって楽しむことができます。

今回、配信を開始したHBB Lessonは、これまでに公開し好評を博しているiOS、Android版のWindowsストア版です。
Windows 8.1のタッチ操作が可能なタブレット、PCに特化したUIにより、スマートフォン版に比べて大画面でじっくりレッスン画像と自己映像を同時チェックなど新しいユーザー体験を可能にしました。
HBB Lessonは、世界で活躍するヒューマンビートボクサーDaichiの監修により、ヒューマンビートボックスをマスターするポイントを映像で分かりやすく解説し、ヒューマンビートボックスを基本から学べるビデオレッスンアプリとなっています。
レッスン映像は難易度別に追加で購入したりイベントで配布されるスペシャルコードなどを利用して自分のレベルにあわせて増やしていくことができ、どんどんステップアップできるようになっています。

■主な機能
(1)レベル別レッスン
EASY~HARDと分かれた各レッスンを選択すると、レベル別のレッスン課題を選択できます。自分のマスターしたいビートを選択できます。表示されるビデオ教材は映像コンテンツならではの分かりやすさに加え、Daichi自らが監修した解説文やテロップとあわせて初心者にも分かりやすく構成されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング