商業空間向けの天井埋め込み型スピーカーとサブウーファーを新発売 ヤマハ スピーカーシステム『VXC2FB』『VXC2FW』 ヤマハ サブウーファー『VXC8SB』『VXC8SW』

PR TIMES / 2019年9月4日 15時40分

ヤマハ株式会社は、商業空間向け音響機器の新製品として、薄型シーリングスピーカーの最小口径モデル『VXC2FB』『VXC2FW』と、当社初となる天井埋め込み型のサブウーファー『VXC8SB』『VXC8SW』を2019年11月に発売します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/10701/342/resize/d10701-342-546311-0.jpg ]

近年、店舗やレストランなどの商業空間では、来場者が快適にすごすための内装や空調、照明などへのこだわりに加え、BGMなど音で心地よさを演出するための高品位な業務用音響設備が注目されています。

当社では、商業空間向け音響のラインアップとして、シグナルプロセッサー「MTX/MRXシリーズ」、パワーアンプリファイアー「XMVシリーズ」「MA/PAシリーズ」、スピーカーシステム「VXSシリーズ」「VXCシリーズ」「VXLシリーズ」などを展開し、人数や規模に応じたレイアウトに柔軟に対応しながら、良質で明瞭な拡声や音楽再生ができるトータルソリューションを実現し、好評を得てきました。

このたび発売するスピーカーシステム『VXC2FB』『VXC2FW』は、薄型シーリングスピーカー「VXCシリーズFモデル」の最小口径モデル、サブウーファー『VXC8SB』『VXC8SW』は、新たに追加したシーリングサブウーファー「VXCシリーズSモデル」です。いずれも天井埋め込み型なので、レストラン・アパレルショップ・ホテルなどの空間で、内装に溶け込みながら心地よい上質なBGM再生を実現します。


<概要>


薄型小口径で設置制限のある現場でも使え、広い指向性で空間をカバー(『VXC2FB』『VXC2FW』)
安全で素早い施工を可能にする機構を備えた、低域拡張のためのサブウーファー(『VXC8SB』『VXC8SW』)
天井に合わせて吊り下げ可能なペンダントマウントキット(『PK-C4B』『PK-C4W』)


品名/品番/価格(税抜)/発売時期:
ヤマハ スピーカーシステム/VXC2FB/13,000円/2019年11月
ヤマハ スピーカーシステム/VXC2FW/13,000円/2019年11月
ヤマハ サブウーファー/VXC8SB/36,000円/2019年11月
ヤマハ サブウーファー/VXC8SW/36,000円/2019年11月
ヤマハ スピーカーアクセサリー/PK-C4B/6,000円/2019年11月
ヤマハ スピーカーアクセサリー/PK-C4W/6,000円/2019年11月
ヤマハ スピーカーアクセサリー/AB-C2/3,000円/2019年11月

※品番末尾の“B”はブラックモデル、“W”はホワイトモデルを示します。


<『VXC2FB』『VXC2FW』 主な特長>
1.設置制限がある現場に最適な薄型小口径モデル
『VXC2FB』『VXC2FW』は、奥行きとなるバックカンが高さ76mmの薄型設計かつ開口寸法がφ186mmと小口径になっており、懐の浅い天井など設置制限のある現場に最適なモデルです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/342/resize/d10701-342-210885-3.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/10701/342/resize/d10701-342-589226-5.jpg ]


2.広い指向性で、空間を均一にカバー
『VXC2FB』『VXC2FW』は、指向角度が「VXCシリーズ」「VXC-Fシリーズ」の中で最も広い160°のため、天井が低い店舗などでも、少ない台数でより広いエリアを均一にカバーすることが可能です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/10701/342/resize/d10701-342-471754-6.jpg ]


3.天井に合わせて吊下げ可能なペンダントマウントキット
オプションのペンダントマウントキット『PK-C4B』『PK-C4W』を使用することで、天井から吊下げて設置することが可能です。近年増加しているスケルトン天井へも柔軟に対応します。
[画像5: https://prtimes.jp/i/10701/342/resize/d10701-342-798642-2.jpg ]



<『VXC8SB』『VXC8SW』 主な特長>
1.低域拡張で豊かな音空間を実現
サブウーファーは低域を拡張することで、音楽の存在感や豊かさを劇的に向上させる効果があります。『VXC8SB』『VXC8SW』は、余分な共振や歪に強いバンドパス型を採用し、大きな音圧でも高品質な低域再生が可能です。天井埋め込み型なので、設置性の観点でこれまでサブウーファーを導入できなかった店舗にも採用いただけます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/10701/342/resize/d10701-342-479875-4.jpg ]


2.安全で素早い施工に寄与するスマートデザイン
『VXC8SB』『VXC8SW』は、他の「VXCシリーズ」のモデル同様に、安全で素早い施工を可能にするスマート機構を備えています。「Carrying Band」により持ち運びが容易で、「Anti-Drop Tab」によりスピーカー本体を天井に確実に仮留めすることができ、安全で迅速な施工が可能です。また、用途に合わせて、ハイインピーダンス・ローインピーダンスの接続が切り替え可能です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/10701/342/resize/d10701-342-251702-9.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/10701/342/resize/d10701-342-125019-7.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/10701/342/resize/d10701-342-608376-8.jpg ]



※今回の新製品の詳細については、プロオーディオサイトをご参照ください。
https://jp.yamaha.com/products/proaudio


ヤマハ スピーカー 製品情報サイト
https://jp.yamaha.com/products/proaudio/speakers/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング