クリハラタカシの新作絵本「ゲナポッポ」(MOEのえほん)が10月30日発売! 「ゲナおもしろい!」ヨシタケシンスケ氏も推薦!!

PR TIMES / 2020年10月30日 12時45分



[画像1: https://prtimes.jp/i/46848/343/resize/d46848-343-938523-0.jpg ]



内容紹介

絵本、漫画、イラストで幅広く活躍する著者の新作は、シュールな味わいに満ちた絵本。謎の生物「ゲナポッポ」の人智を超えた発想と行動、けれどもなんだか飄々としたたたずまい、その不思議な魅力に、誰もが惹かれることうけあい。読めば読むほどくせになる一冊です!

[画像2: https://prtimes.jp/i/46848/343/resize/d46848-343-865716-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/46848/343/resize/d46848-343-725011-2.jpg ]



推薦コメント紹介


ヨシタケシンスケ氏(絵本作家・イラストレーター)
ああ。教えておくれ、ゲナポッポ。
ぼくは一体、何ポッポなんだ。
ゲナおもしろい!
ポッポ界の最高傑作!!
※本作帯にてコメントとイラスト付きで推薦
--------------------------------------------------
今日マチ子氏(漫画家・イラストレーター)
美しい色彩とナンセンスな世界の中で、「しずく」という作品が一番好きだ。
おかしいのに、悲しくなってしまう。
昔、水というテーマのうまい描き方とは
「一粒の雫から、大海にイメージを転じる」と教えられたが、
まさにその通りの広がりだ。
そして、「ゲナポッポ」には世界の真理に近づきそうで、
ギリギリ手前でわざと手を離すような弾力を感じる。
風船を押しているような。遊びを知っている人間のための本だ。
子ども達に見せると、「変な話!」「なんだこれ!」と笑うだろう。
そんな様子を見守りながら、大人は「子どもにはわからないよ!」と
密かに優越感に浸るのだ。
もしこの本を読んで深刻に黙りこくる子どもがいたら…
その子はもう、子どもじゃないのかもしれない。
ドーナツの穴という世界の中心を食べるゲナポッポと、世界の端で遊ぶ人間たち。
その中に、風船を押したり放したりしている子がいたら、
世界には真理が存在することを知っている要注意人物だ。



著者紹介

クリハラタカシ
1977年東京都生まれ。マンガ、イラストレーション、絵本、アニメーションなどで活躍。主な著者にマンガ『ツノ病』『ラッキーボギー』(青林工藝社)、『冬のUFO・夏の怪獣』(ナナロク社)、絵本『ぱたぱたするするがしーん』(福音館書店)、『これなんなん?』(くもん出版)、『とおくにいるからだよ』(教育画劇)、『こうえん』(偕成社)等がある。


書籍紹介

MOEのえほん
『ゲナポッポ』
クリハラタカシ
A5判変型(天地21.6cm×左右15.4cm)/本体1300円+税
ISBN 978-4-592-76276-8
2020年10月30日発売
白泉社刊


MOEのえほん

「月刊MOE」は、 絵本やキャラクターなどのアート・エンターテインメントをビジュアル豊かに特集し読者にお届けしています。

「月刊MOE」(毎月3日発売/発行:白泉社)
【公式サイト】MOE web  https://www.moe-web.jp
【公式Twitter】 https://twitter.com/MOE_web
【公式Facebook】 https://www.facebook.com/MonthlyMOE
【公式Instagram】 https://www.instagram.com/MOE_web


リリースに関するお問い合わせ先

(株)白泉社 宣伝部 広報課:川又 宣伝課:田中
Tel: 03-3526-8015 Fax:03-3526-8021
Mail:data@hakusensha.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング