石橋信夫記念館文化フォーラム 第7回 「歴史に学べば日本人はもっと元気になるぞ」

PR TIMES / 2013年12月11日 14時41分

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2014年7月12日(大阪)および7月26日(東京)、石橋信夫記念館文化フォーラム「歴史に学べば日本人はもっと元気になるぞ」を開催します。

 当フォーラムは、毎回多彩なパネリストをお招きし、歴史上の優れた指導者の知恵やリーダーシップから、今の日本人のあるべき姿と今後の指針を語っていただいております。
 当社は、グローバル化と技術革新が目まぐるしく進む中で、今をどう生きるかを、過去に遡って見つめ直すことが、未来の社会や人生に希望を持たせるための最大の近道と考えています。
 そこで今回の文化フォーラムでは、「歴史に学べば日本人はもっと元気になるぞ」をテーマに、日本人が元気と勇気をより湧き立たせるには、歴史をどう捉え何を学べばよいのか、各界を代表する8人の論客に語っていただきます。

1.フォーラムの概要
大阪会場
日  時  2014年7月12日(土)午後2時~5時
会  場  大和ハウス工業本社2階大ホール  
パネリスト・
コーディネーター  井上 章一氏(評論家) 
パネリスト (順不同)
   橋本 五郎氏(読売新聞社特別編集委員)
          磯田 道史氏(歴史学者)
          佐伯 順子氏(比較文化研究者)  
          

東京会場
日  時  2014年7月26日(土)午後2時~5時
会  場  大和ハウス工業東京本社2階大ホール
パネリスト・
コーディネーター 松平 定知氏(元NHKキャスター)
パネリスト (順不同)
半藤 一利氏(作家・評論家)
渡部 昇一氏(英語学者)
         諸田 玲子氏(作家)


2.応募方法
 聴講をご希望の方は、下記要領にてご応募いただき、抽選の上で無料ご招待します。
 受付期間は、2014年5月26日(月)までとなっております。なお、当選者の発表は受講証の発送をもって代えさせていただきます。

<応募方法> 
 A:葉書による応募
  葉書に郵便番号・住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号・ご希望の会場
  (大阪会場か東京会場のいずれか)をご明記の上、応募してください。
 あて先:〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-2 知性ビル
     「石橋信夫記念館文化フォーラム事務局」行
      ※2014年1月6日(月)より受付開始

 B:ホームページによる応募
  「大和ハウス工業オフィシャルホームページ」内のフォームから応募してください。
    URL: http://www.daiwahouse.co.jp?ad=pr
    ※2014年1月1日(水)より受付開始
 

お問い合わせ先
〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-2 知性ビル
「石橋信夫記念館文化フォーラム事務局」(担当:今水(いまみず))
     TEL:03(3403)6451(土、日、祝日を除く平日9:00~17:00)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング