仕事探しの悩み 第1位は「やりたい仕事が見つからない」。 仕事中の悩み 第1位は「給与が低い」、第2位「将来への不安」。 ー「[en]派遣のお仕事情報」ユーザーアンケート集計結果ー

PR TIMES / 2014年6月27日 10時40分

 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、人材派遣会社集合サイト「[en]派遣のお仕事情報」( http://haken.en-japan.com/ )上でサイト利用者3,499名を対象に「仕事の悩み」についてアンケート調査を行いました。以下概要をご報告します。



■調査結果概要

 派遣法改正案が秋の臨時国会に提出を予定され、派遣社員の方を取り巻く環境は今後も変化が予想されます。派遣での仕事探しをしている方が悩んでいることの第1位は「やりたい仕事が見つからない」(40%)こと。希望条件と自分の能力・スキルが完璧に合致する仕事となると、選択肢は極めて限定的になるようです。

 就業中の方が仕事をしている中で悩むことの第1位は「給与が低い」(48%)、第2位は「将来への不安」(42%)という結果に。特に「派遣」「契約」などの有期雇用で働いている方からは、待遇面での悩みが大きいという意見が寄せられました。

 仕事の悩みの相談相手は、「友人」(54%)が第1位、「家族」(51%)が第2位でした。意外にも「同僚」(15%)、「上司」(5%)など身近な職場の人には悩みを相談していないようです。


■調査結果詳細

1:仕事探しにおける悩み 第1位は「やりたい仕事が見つからない」。


 求職中の方に「仕事探しにおいて悩むのはどのような時ですか?」と質問したところ、「やりたい仕事が見つからない」(40%)が第1位となりました。具体的には「求められるスキルが上がっている」「希望条件(勤務日数・時間・勤務地)が合わない」というコメントが多数寄せられています。また「子供がいると条件が限定される」「(自分以外に)子供を見てくれる人がいないが、融通の利く職場がなかなか見つからない」などの意見も多く、家庭と仕事を両立出来る仕事探しの難しさが垣間見えます。政府の新成長戦略では配偶者控除の見直しなど、女性の労働力確保を打ち出していますが、実現に向けて、まだまだ課題が山積しているようです。

 そこで、現在就業している方に「やりたい仕事が見つからない」時に、どう解決したかを伺いました。「やりたい仕事を別の角度から考えた」「勤務地の条件を広げた」「何を優先し、何が妥協できるか考えた」など、希望条件の範囲を広げたという意見が多くありました。また「複数の派遣会社に登録」「とにかく多くの求人を見る」「根気よく探す」など選択肢を広げる努力も有効なようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング