SDN/NFVの最新動向を捉え、ネットワークの仮想化技術を展望する 『[改訂新版]SDN/OpenFlowで進化する仮想ネットワーク入門』 バージョンアップして新発売!

PR TIMES / 2014年4月18日 10時28分



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『[改訂新版]SDN/OpenFlowで進化する仮想ネットワーク入門』(著者:伊勢幸一)を発刊いたしました。

『[改訂新版]SDN/OpenFlowで進化する仮想ネットワーク入門』
著者:伊勢幸一
小売希望価格:電子書籍版 1600円(税別)/印刷書籍版 2400円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文208ページ
ISBN:978-4-8443-9625-3
発行:インプレスR&D

≪発行主旨≫
クラウドコンピューティングの基盤システムはIaaS基盤、ストレージ、監視管理ツールの開発と実装を中心に発達してきました。さらなる拡大のために最終的に直面した課題がネットワークアーキテクチャの抜本的革新であり、その鍵となる技術がネットワークの仮想化です。そして、ネットワークの仮想化を実現するために、ファブリックやOpenFlow、SDN、NFVなどの技術に注目が集まっています。
今回の改訂では、クラウドコンピューティングやSDN/NFVを取り巻く動向、問題点、課題などがこの1年で大きく変化してきたため、この点に関して新たな情報を加筆しています。

≪内容紹介≫
本書では、サーバー技術者をはじめITインフラにかかわるエンジニア、事業企画者、経営管理者に向けて、VLANからファブリック、SDNやNFVに至るまで、ネットワークの仮想化技術に関する基礎知識が網羅されています。改訂新版にあたり、第6章「SDNへの展望と課題」について、現在のSDN界隈の動向を反映した内容となるよう加筆修正を施しています。

≪目次≫
序章 クラウド基盤と仮想ネットワーク
第1章 仮想ネットワークとは
第2章 前クラウド時代の仮想ネットワーク
第3章 クラウド時代の仮想ネットワーク
第4章 エンドポイントモデル
第5章 ファブリックモデル
第6章 SDNへの展望と課題

≪著者紹介≫
伊勢 幸一(いせ こういち)
1996年スクウェア(現スクウェア・エニックス)入社。1997年からスクウェアUSAにてCGハリウッド映画製作に従事。2000年、PlayOnline/FF11プロジェクトに参画しシステムネットワークの統括を担う。2005年ライブドア入社。以後技術担当執行役員を務め、2012年データホテルに社名変更し現在に至る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング